元浪人生は大学生活で浮く?経験者が語ってみる

浪人 大学

この記事を読まれている方はおそらく現役浪人生浪人経験者の方でしょう。

そして大学生活に向けてさまざまな準備をする中で、”元浪人生”という経歴が大学生活にどのような影響を及ぼすのか不安に感じている方もたくさんいるはずです。

今回はそんな不安を払拭するために、元浪人生の大学生活について浪人経験者の筆者が語ろうと思います。

スポンサーリンク

 

浪人生は大学生活で浮く?

一度浪人して大学に入学すると、高校生時代に同級生だった学生たちは先輩という立場になります。

そして同時に、高校生時代までは後輩だった学生と同級生になります。

せっかく浪人してまで大学に入学したのに、なんだか取り残されたように感じる。

そんな環境で本当に大学に馴染むことが出来るのか、不安に感じることもあるでしょう。

 

しかし最近では、大学生の8人に1人が浪人経験者です。

もはや浪人生は珍しい存在ではありません。

浪人経験が原因で、あなたが大学生活の中で周りから浮くことはないと考えていいです。

そもそもあなたが元浪人生であることは、自分から話さない限り周りの学生たちにはバレません。

そして、たとえあなたが元浪人生であることを大学の友人に話しても、それが理由で大学の友人が離れていく可能性はかなり低いです。

私も浪人経験者であるという理由で、友人が離れていったことは無いです。

 

大学の友人はできるか

出来ます。

元浪人生であるというだけで避けられることはまずありません。

大学で知り合った学生たちと積極的に交流してください。

しかし注意するべきこともあります。

それは大学の現役生たちに対して、元浪人生で年長者であることを鼻にかけた態度を取らないということです。

現役生であろうと、元浪人生であろうと、大学に入ってしまえば学年は同じです。

そこで年長者であるというだけで大きな態度を取っていれば、当然周りから嫌われます。

無理に年上ゆえの余裕があるような態度をとる必要はありませんが、傲慢な態度は絶対に避けましょう。

 

サークルに馴染める?

浪人生活を経験すると、大学生生活の華であるサークルに馴染めるか不安になることもあるでしょう。

私自身一年間の浪人生活を得て大学に入学したわけですが、サークルに入った当初はとても緊張したことを覚えています。

浪人生活を経て大学に入学すると、高校生までは後輩だった学年の方たちと同級生になりますし、また同じく、高校生まで同級生だった方たちが先輩になります。

しかし安心して下さい。

元浪人生がサークルに入っても問題なく馴染めます。

 

そもそも、浪人を経験して大学に入学しているのはあなただけではありません。

入学式で隣に座っている学生が、実はあなたよりもずっと年上だったなんてことはよくあることです。

私もサークル入会当初、年下だと思っていた女の子が実は3つ年上だと知り、かなり驚いた経験があります。

さらに浪人生だけでなく、留年している生徒がサークルに入っていても大学ではなんら不思議ではありません。

年齢の異なるさまざまな学生たちがいるのが大学なのです。

浪人生がサークルに馴染むことが出来るかどうかはあまり心配する必要はないです。

 

スポンサーリンク

 

同い年でもサークルの先輩には敬語?

浪人を経験してサークルに入ったとき、これはとても気になりますよね。

前述したとおり、あなたが浪人生活を経て大学に入った途端、もともと同級生だった方が先輩になります。

これには大なり小なり葛藤があると思いますが、いくら同い年であろうが先輩には敬語を使うべきなのは間違いありません。

”どうして一年前まで同級生だったやつに敬語を使わないといけないんだ”と心のどこかで感じてしまうのは仕方がないですが、日本では先輩に敬語を使うのはマナーです。

最初はとまどってしまうかもしれませんが、慣れるまで頑張りましょう。

むしろアルバイトや就職を経験すると、例え10歳以上の年齢差があったとしても先輩には敬語を使うのが常識です。

このような習慣に早く慣れておくのは重要です。

 

浪人生がサークルを楽しむために必要なこと

一体、何浪までならサークルに馴染むことができるのか、気になる方も多いでしょう。

そんな疑問に対して、具体的に”~浪まで馴染むことが出来る。”とは言い難いです。

しかし一応の例として、私が所属していたサークルには6浪の友人がいました。

その友人とはタメ語で普通に会話していましたし、一緒に遊びに行ったりもしました。

勿論、むこうが年上でも大学では同級生ですから割り勘でした。

そんな友人を見ていて感じたのは、年下の同級生を決して侮らない姿勢の大切さです。

 

友人から見れば、私は6歳も年下の学生です。

しかし、そんな私が日常的にタメ口を喋っても友人はまったく嫌な顔をしませんでした。

そしてそんな友人の態度から、6つも年齢が離れているという事実を忘れてしまいました。

たとえ歳が離れていても、それを感じさせない態度や余裕のある雰囲気を出すことが、浪人生がサークルに馴染む上で大切なことだと思います。

 

まとめ

浪人経験者だろうが先輩だろうが関係なく、みんなに分け隔てなく礼儀を持って接することが、浪人生が大学生活やサークルに馴染んで楽しく活動するためのコツだということですね。

元浪人生だということを気負うことなく、むしろ堂々と学生同士の交流に励んでください。

いろんな楽しみや苦労が有る大学生活、年齢よりも気にするべきことはたくさんあるのですから。

 

こちらの記事も読まれています。

大学生のバイト率が約70%って本当?

大学生はサークルに入らないと就職活動で不利?

単位を絶対取るために!大学の履修登録のコツと基本

スポンサーリンク