OB訪問の質問リスト|OB・OGに聞くべき質問12選

OB訪問 質問

OB訪問でOBに聞いておくべきオススメの質問をまとめてみました。

基本的にOB訪問では「純粋に自分が聞きたいと思ったこと」を聞くといいのですが、それでもどんな質問をしようか悩んでしまうと思います。

ここでまとめている質問集を参考にして、自分なりにOBに聞いておきたいことを整理しておきましょう。

 

OB訪問なら『ビズリーチ・キャンパス』!

 

OB訪問とインターンでするべき質問は違う

OB訪問とインターンシップはまったく異なるのですが、とくに質問内容には注意しないといけません。

企業が行うインターンシップでは、人事の方を中心にして多くの社員の方とお話をする機会があります。

「気軽になんでも質問してね。」と言って頂く機会も多いです。

 

しかし、インターンシップは企業が学生を見定めるイベントでもありますから、学生の発言内容は各学生を評価する際の対象になっていることが多いのです。

もちろん、選考にも影響することがあります。

ですから「気軽に何でも」と言われたとしても、質問内容には常に注意が必要なのです。

 

一方のOB訪問では、本当に気楽になんでも質問できるケースが多いです。

OB訪問に参加してくださるOBの中には、新卒採用の選考に関わっていない方もたくさんいるのです。

ですから多少際どい質問であっても、自分の評価を気にすることなく質問することができます。

その企業の内部のことについて、実際に働く方の声をダイレクトに仕入れることができるんです。

OB訪問では、気になることをガンガン質問しましょう。

 

社内の実情・働き方を聞く

1.『今、どのような仕事をされていますか?』

この質問をする事で、「入社何年目の社員だと、このくらいの仕事をさせてもらえるのか」というイメージがつきやすくなります。

極端に単純作業ばかりであったり、逆にあまりにも沢山の仕事を若手のうちから任せられ、責任やプレッシャーに押しつぶされる状況は、一般的には理想的ではないです。

年齢や経験、その人の特性などを考慮して仕事が与えられていることが、ストレスなく働ける基本的な条件になります。

 

もし先輩が今の仕事に不満を持っているとしたら、上司のマネジメント力に問題があり、自分も同じような不満を抱えながら仕事をしなければいけなくなるかもしれません。

せっかく1日の大半を費やす仕事なのですから、出来るだけやりがいのある仕事をしたいですよね。

先輩の説明してくれた仕事内容が、自分の求めている仕事のレベルにあっているか確認しましょう。

 

2.『どのようなスケジュールで1日を過ごされていますか?

一日のスケジュールを聞くことで、その企業・職種の働き方のイメージがつきやすくなります。

例えば同じ「営業職」でも、

「ばりばり新規顧客開拓のために営業回りをする営業」

「既存の顧客に資本を絞るルート営業などがあります。

聞いてみたスケジュールで自分がやっていけそうか、想像してみましょう。

 

3.『平均すると毎日何時ごろに帰宅していますか?

この質問によって、その会社がどれくらい残業をさせる風土なのかを知ることができます。

自分は「仕事をバリバリこなして残業も厭わないタイプ」なのか、

「基本的には定時で帰りプライベートの時間を楽しみたいタイプ」なのか、

自分のタイプを分析してからこの質問をしてみると参考にできるでしょう。

 

現在、世の中の流れとして「働き方改革」が掲げられ、大きな流れとしては長時間残業は推奨されないようになっているはずです。

それにも関わらず、かなりの時間の残業がある場合には、「ブラック企業」の可能性が高いですから注意しましょう。

 

4.『お仕事で楽しいと感じることと、辛いと感じることを教えてください。

自分が気づいていなかったそのお仕事の魅力や、苦労しそうな点を見つけることができるかもしれません。

就職後のお仕事と自分とのミスマッチを防ぐためにも、「楽しい」と感じることと「辛い」と感じることは聞いておきましょう。

加えて「お仕事が辛いときはどうやって乗り越えているのですか?」と聞いてみると、よりイメージが明確になるのでおすすめです。

 

5.『今まででもっとも印象深かったお仕事はなんですか?

そのお仕事のやりがいを聞く質問です。

どんなやりがい・魅力があるお仕事なのか、よりイメージを強くするためにこの質問をしてみると良いです。

 

6.『入社したいと思ったきっかけは何ですか?

OB自身が感じた志望のきっかけはとても参考になります。

「志望理由」はどの就職面接でも聞かれます。

OB訪問で先輩から志望理由を聞いておき、自分の志望理由との共通点や参考に出来る点がないか考えておくと良いです。

 

7.『入社後にギャップは感じましたか?』

実際に企業で働き始めると「思っていたのと違う・・・」と感じてしまうことも出てきます。

入社後に致命的なギャップに気づいてしまうと最悪です。

実際に社員の方自身が感じたギャップを把握しておくことで、自分と企業とのミスマッチを前もって防ぐことが出来ます。

 

8.『(業務外の)イベントや飲み会は多いですか?』

インターンでは聞きにくい内容の質問ですね。

業務外のイベントや飲み会が多い企業はたくさんあり、業務外のイベントや飲み会の多さは企業ごとに大きく異なります。

気になる方はOB訪問で聞いてみましょう。

 

9.『どんな人が辞めて行きますか?』

聞きづらい質問ですから、さらっと聞くのがおすすめです。

どんな人が辞めてしまうのか聞いておくことで、自分が継続的にその企業に勤められるか考える参考になります。

OB訪問で場が温まった頃に聞いてみてください。

 

10.『大学生活で力を入れたことは何ですか?』

これも気になる方は聞いてみましょう。

OBの「大学生活で力を入れたこと」を知ることで、その企業がどんな学生を求めているのか分かることがあります。

また『大学生活で力を入れたこと』、いわゆる「ガクチカ」は自己PRと同じくらい就職活動で聞かれるので、実際に内定をもらったOBの方のガクチカを参考にしてみましょう。

 

就職活動で役立つ質問集

1.『選考開始までに準備しておくべきことは何ですか?』

「インターン」「SPI対策」など、できれば選考開始前から準備しておきたいことはたくさんあります。

どんな準備をしておくべきか、またどんな準備をしておけばよかったと感じたか、OBの方に聞いておきましょう。

早めに準備を始めることができれば、その分就職活動が解禁されてから楽になります。

 

2.『御社が求める学生像を詳しく教えてください。』

●「何事にも諦めない粘り強い学生を求めている」

●「どんどんチャレンジする学生を求めている」

●「グローバル志向の高い学生を求めている」

などなど、企業が求めている学生像はさまざまです。

 

就職活動が本格化すると、エントリーシートや面接の場で「自己PR」をする機会がたくさん訪れます。

「私は~な人間で~、御社では私の~な力を活かして活躍したいです。」

という感じです。

 

しかし、この自己PRが企業の求める学生像とマッチしていない場合、容赦なく採用担当者に落とされてしまいます。

企業がどんな学生を求めているのか、実際に働いているOBの方に聞いて把握しておきましょう。

企業が求めている学生像を把握し、自己PRを企業が求めている学生像に近づけるだけで、書類選考や一次面接を突破できる確率が跳ね上がります。

 

その他、気になることは気軽に聞いてみよう

インターンや企業説明会では、学生の質問内容も評価対象に入っている可能性が高いので、なかなかぶっちゃけた答えを求める質問はできません。

しかし、OB訪問では自分の評価を気にすることなく、どんどん積極的にOBに質問してみてください。

 

実際に企業から内定をもらって働いているOBのアドバイスは本当に貴重です。

もしかすると自分が意識していなかったアドバイスを貰えるかもしれません。

就職活動は情報戦です。

少しでも参考にできる情報を増やすために、積極的にOBの方に質問してみましょう。

 

また、もしこれから就職活動を本格的に行う際に不安に思っていることがあったり、何か内定を獲得するために気づいたことがあったとしたら、先輩に確認してみましょう。

基本的に後輩から話を聞かれて嫌な人はいないです。OB訪問を受け入れてくれる方の中には特に。

先輩から沢山のアドバイスをもらえるように頑張りましょう。

こちらも>>OB訪問って何?大学3年生が絶対にOB訪問に行くべき5つの理由

 

OB訪問なら『ビズリーチ・キャンパス』!

スポンサーリンク

この記事を書いた人

RYUSEI
RYUSEI
都内で一人暮らしをしながら大学生やってます。今までの大学生活を振り返りながら、大学生にシェアしたいことを気ままに書いてます。#4回生
就職活動
カレッジナビ|大学生のガイドブック