大学生協は加入するべき!大学生協の仕組みとサービスを解説します

大学生協は加入するべき!大学生協の仕組みとサービスを解説します

今回は、大学生協の仕組みや魅力について分かりやすく解説します。

大学合格後に手続きを済ませると、大学からたくさんの資料が送られてきますが、その中に大学生協に関する資料も含まれています。

大学のオリエンテーションで、大学生協の説明や出資を呼び掛けられることが多いとは思いますが、

そもそも、大学生協ってどんな組織なの?

加入した方がいいかな

と悩んでしまう学生は多いです。

大学生協とは何か、この記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

 

大学生協は怪しい組織ではない

大学生協とは、大学生活協同組合連合会 (univ.co-op)の略です。

一見、

なんか怪しい

と感じてしまいがちな組織ですが、実態はとても健全でクリーンな組織です。

そもそも、大学生協は大学生たちの出資金で運営されているわけですから、お金を出せば、あなたも出資者であり運営者の一人になるのです。

大学生協は、大学ごとに独立した組織として設置されており、大学が行わない「大学生活をサポートする様々な業務」を行っています。

具体的には、

  • 教科書販売
  • アルバイトの斡旋
  • 学生向け旅行プランの提案
  • 大学生向けの保険の案内
  • 免許合宿の案内

などを行っています。

非営利団体ですので、利益を追求しない分、民間のサービスよりも同程度のサービスを安く受けられることが多いです。

アルバイトの斡旋に関しても、民間の求人サイトに比べて大学生向けの求人が多く、ブラックなアルバイトを進められる可能性がとても低いのでおすすめです。

 

大学生協の加入率

大学によって少し差はあるものの、多くの大学では大学生協の加入率は90%台であるようです。

これは、大学生協 (univ.co-op)の公式HPで公表されています。

つまり、大学生は基本的に大学生協に加入しているのが当たり前だということになります。

 

大学生協の仕組み

大学生協は、利用者がお金を出し合い共同で運営する協同組合です。

そして、大学生協に出すお金のことを「出資金」と言います。

大学生協の出資金(加入金)の仕組み

具体的な出資金額は、それぞれの大学の生協によって異なりますが、だいたい20,000円前後になることが多いです。

さらに面白いことに、大学を卒業すると出資金は返還されるのです。

つまり、

とも言えます。

スポンサーリンク

意外な大学生協のサービス

大学生協のサービス範囲は多岐にわたります。

食料品や文房具など、大学生活に必要な日用品はもちろんのこと、

  • 家電製品
  • 飛行機のチケット販売
  • 寒冷地の灯油の販売

なども、大学生協によってはサービスに含まれています。

実は、大学生が日常的に使う大学内のコピー機も、大学生協が保有・運用していることが多いのです。

大学が表立って学生に支援できない部分を、大学生協が代わりに受け持っているというわけですね。

 

大学生協運営の食堂は安い

一人暮らしの学生に心強いのが、大学生協運営の食堂です。

一般的に、大学の学生食堂の価格は安く設定されており、しっかりと栄養バランスがとれた食事が提供されています。

大学によっては、カフェテリアを運営している大学生協もありますね。

食費は意外とかかりますから、大学生協の食堂は重宝します。

 

大学生協の「学生総合共済」って何?

入学時に送られてくる大学生協関係の書類に、必ずと言っていいほど入っているのが、「学生総合共済のご案内」の資料です。

学生共済とは、大学生活で起こるさまざまなリスクに対応した学生向けの保険のことを指します。

大学生協の学生総合共済は、大きく分けて

● 生命共済

● 火災共済

の2つです。

生命共済は、健康や医療に関する幅広く保障する保険です。

生命共済
  • サークル活動中やアルバイト中のケガ
  • 海外旅行先での病気治療
  • 急性アルコール中毒 etc…

火災共済は、火事に限らず、主に一人暮らしの大学生に向けた保証を揃えています。

火災共済
  • 空き巣に入られたときの被害
  • 水漏れなどで部屋に損害を与えてしまった時の弁償費用 etc…

特に、大学生から一人暮らしを始める人の場合、何か起きた時に備えておくことはとても大事なことです。

大学生活に特化した保険ですから、意味のない保険にお金を使う必要が無いのは良いですね。

スポンサーリンク

出資金の返還時期はいつ?

大学生協に加入するときに支払った出資金は、大学卒業時に返還されます。

ただし、返還には手続きが必要です。

大学生協が指定する日までに出資金返還の手続きを行わなければ、出資金は返還されません。

意外と、

生協の加入金って返還されるの!?

と完全に忘れている学生も多いですから、しっかり覚えておきましょう。

また、出資金の返還のために、「生協カード」などの返還を求められることが多いです。

もし生協カードが発行されていれば、学生証と同様に必ず無くさないようにしましょう。

生協の出資金返済窓口

ちなみに、臨時返還窓口が混んでいなければ、返還手続きには5分もかかりません。

 

生協の学生委員とは?

大学生協の運営に参加している学生を、学生委員といいます。

学生委員会の主な活動は、

  • 学生の健康安全に関わる健康安全活動
  • 学食の運営と食堂フェアの開催
  • オリエンテーションなどの新入生歓迎活動
  • 消費者教育やリサイクル運動への取り組み

などがあります。

他にも「スポーツ大会を開催する」など、大学ごとに活動の幅は違います。

サークル感覚で学生委員となる人もたくさんいます。

また、学生委員会は大学ごとで組織されますが、全国組織である全国大学生協連に所属することで大学を越えた連携をすることもできます。

もし興味があれば、自分の大学生協の学生委員について調べてみましょう。

 

『生協の白石さん』

もし、大学生協で提供されていないサービスや改善を希望するサービスがある時は、「ひとことカード」に記入することで学生の要望を生協に伝えることが可能です。

「ひとことカード」の回答集として、『生協の白石さん 』という書籍が人気になったほどです。

『生協の白石さん』は、生協がどんな組織で、どのように改善していくのかを具体的につづっていて面白い本です。

書店に置いてあったら、ぜひ一読してみてください。

 

さいごに

大学生協は、大学生活を送るうえでとても便利なインフラです。

入学時にまとまった金額の出資金を求められるので、加入に抵抗があるかもしれませんが、4年間の大学生活のトータルで考えればメリットは多いです。

学生委員となって大学生協の運営に参加するかどうかはともかく、出資金を支払って一般組合員になっておくのがいいでしょう。

【おすすめ】大学生向けのバイト情報サイト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
元予備校講師の営業マン

高校の非常勤講師、学習塾・予備校の講師の経験を活かして大学受験に関する記事を執筆しています。専門は社会科。推薦入試・公募面接・小論文対策の指導経験有り。

元予備校講師の営業マンをフォローする
新入生
カレッジナビ