大学の入学式の親の出席率を分析して分かったこと

大学 入学式 親

ここでは、大学の入学式の親の出席率や、保護者として親御さんは入学式に出席するべきか否かについて取り上げています。

大学の入学式に親が一緒に出席するのはおかしい事なのでしょうか。

子供の大学の入学式に参加するべきか迷っている

という保護者の方や、

本当は親に来て欲しいけど、周りの目が気になって悩んでいる

という大学新入生は、ぜひ参考にしてみてください。


スポンサーリンク

 

大学の入学式に親が一緒に出席するのはおかしいのか

大学の入学式に親が一緒に出席するのはおかしいのか

入学式に親が出席するべきか否かについて考える際、以下のような批判的な意見が多く聞かれます。

典型的な批判意見

大学の入学式に親が出席するのはおかしい

子離れできていない

学生が自立できない

このような意見が出るのも確かに分かります。

大学は学生の自立性を養う場でもあるわけですから、保護者の過干渉は避けるべきだという主張の方もいるでしょう。

しかし、それらは入学式や卒業式といった式典行事には当てはまりません。

日常的な大学生活と式典行事では、扱いが全く異なるのです。

特に理由も無いのに、日常的に親が学生を大学まで送迎するなどの行為があれば、たしかに学生自身の自立性に大きく影響を及ぼすでしょう。

しかし、入学式などの特別な行事に親が学生と一緒に出席することは、自立性うんぬんの問題ではありません。

保護者が学生と一緒に大学の入学式に参加しても何も問題は無いのです。

まずは以下のデータをご覧ください。

 

大学の入学式の保護者の出席率

大学 入学式

そもそも、大学生の保護者の何割が大学の入学式に出席しているのでしょうか。

事実を整理するために、ベネッセコーポレーションさんが行った「大学生の保護者に関する調査」という調査結果を引用してまとめてみました。

この調査は、全国の大学1~4年生の子どもを持つ保護者6,000名(父親3,000名、母親3,000名)を対象にして、インターネット上にてアンケート形式で実施されたそうです。

そして、この調査結果を分かりやすく整理したものが以下のグラフです。

大学の入学式の親の出席率

 母親父親
入学式の出席率60.4%25.7%

※『大学生の保護者に関する調査[2012年](ベネッセコーポレーション)』より引用

以上のデータから、大学の入学式に出席する母親は、母親全体の約60%であることが分かりますね。

そして、父親の出席率も考慮すると、大学の入学式に出席する保護者の割合は少なくとも6割以上であると考えられます。

明らかに、保護者が入学式に出席するのは普通であると言えるでしょう。

また、父親も約25%の方が入学式に出席するようです。

実際、会場には保護者として一人で入学式に出席している父親もたくさんいます。

保護者として入学式に出席しようか悩んでいる方は参考にしてみてください。

ちなみに、こちらの記事で入学式と卒業式に出席する保護者の割合を比較しています。

 

大学の入学式は特に面白いものではない

大学の入学式といえども、式典の内容は小中高とほぼ変わりません。

大学によっては、卒業生の有名人から一言二言あったりするかもしれませんが、基本的には特に見どころは無いと考えた方がいいです。

率直に言って、あまり面白くはないですし、人混みが嫌いな方にとっては最悪の場所です。

入学式の式典自体にはあまり興味はないけど、6割以上もの保護者が参加するなら親も普通は行かないとダメなんじゃないかな。

というように考えている方は、式典には参加しなくていいと思います。

 

記念写真目的に入学式に行く

親子の記念写真を撮るために入学式に行きたい

という方は多いかと思います。

このような看板の前で親子の記念写真を撮るのは、入学式でもっとも重要なミッションの一つだと言えます。

入学式の看板

しかし、中には、

親子で撮らなくても、子供が大学で出来た友達と一緒に写っている記念写真を見るだけで満足できる

という方もいるでしょう。

実際、入学式前の入学ガイダンス・オリエンテーションで友達を作る新入生はたくさんいますし、その新しい友達たちと一緒に入学式に行くのはかなりよくあることです。

息子さんや娘さんたちに、一緒に入学式に参加することを嫌がられてしまうのは、

新しい友達と一緒に参加するから親には来ないでほしい。恥ずかしい。

というような理由が大きいです。

このような事情がありますから、もし子供に大学の入学式に一緒に参加することを拒まれてしまっても、無理に一緒に行くよう強要することは避けるべきです。

 

保護者が入学式に出席する際の注意点

● 会場に早く行きましょう

● 基本的に公共交通機関を使いましょう

● 雰囲気で帰り時を察しましょう

スポンサーリンク

【1】会場に早く行きましょう

大抵の場合、入学式会場は学生席と保護者席が分かれています。

保護者席は学生席に比べて少ない場合が多く、満席になってしまうと会場の外で待機することになります。

式典自体に出席しないのであれば、会場の外で時間を潰していればいいのですが、式典に参加したいという保護者の方はできるだけ早く会場に向かうのが良いでしょう。

まあ、入学式なので新入生たちが舞台で何かをするということも無いですし、「席はどこでもいい」という方も多いかもしれませんね。

 

【2】出来るだけ公共交通機関を使いましょう

大学は高校と違い、1学年の学生の人数が非常に多いです。

入学式によっては、有名アーティストのライブ会場並みに混む場合もあるのです。

そんな場所へ自家用車で向かってしまうと、必ず入学式会場周辺の渋滞に巻き込まれますし大学側も非常に困ります。

電車やバスなど、公共交通機関を使って会場へ向かうよう心がけましょう。

 

【3】雰囲気で帰り時を察しましょう

学生にとって、入学式は大学で新しい友人を作る貴重な機会でもあります。

式典が終了した直後からサークル勧誘が始まる大学もたくさんあります。

しかし、式典が終了しても保護者が学生とずっと一緒に行動していては、学生は積極的に行動しづらいかもしれませんし、友人を作る機会も逃してしまうかもしれません。

入学式の雰囲気や学生自身の気持ちにもよりますが、保護者の方々は入学式から帰る際のタイミングを意識しておいた方がいいでしょう。

もちろん、入学式後に親子で行動していても全然変ではありません。

 

まとめ

「入学式に親が一緒に出席するべきではない」という声も確かにありますが、実際、多くの方が保護者として入学式に出席しています。

ですから、保護者の方が大学の入学式に出席することは、全くおかしい事ではないことを知っておいてください。

しかし、入学式の主役はあくまで学生です。

大学の入学式に一緒に出席したい場合は息子や娘さんとしっかり相談し、余計な軋轢が生まれないように気を付けるといいでしょう。

【おすすめ】大学生向けのバイト情報サイト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新入生
カレッジナビ