大学の履修登録のコツと絶対に知っておくべき基本

履修登録

ここでは新入生向けに、大学の履修登録の基本と授業選択のための5つの手順について解説しています。

大学生活で効率よく単位を取るには、目的に応じて科目の履修を計画することが必要です。

履修登録をする前に、必ず知っておくべき履修登録の基本について見みましょう。

履修登録とは

履修登録とは、受講する授業科目を自ら選択し、学校側に自主申告することです。

義務教育課程から高校までは、時間割はクラスごとに決められています。

したがって、受けたくない科目があったとしても必ず受けなければなりませんでした。

しかし、大学では受講する授業を自ら選択することが出来るのです。(必修科目以外)

 

科目の種類

それぞれの大学には、「必ず受けなければならない科目」と「受講が完全に自由な科目」があります。

具体的には、「必修科目」「選択必修科目」「自由科目」の3つに分けられます。

詳しくは単位制度について説明した記事に詳しくまとめていますが、それぞれどのような授業が該当するのか見てみましょう。

参考:大学の単位の仕組みを分かりやすく徹底解説します!

 

●必修科目

  • 語学
  • 体育
  • 学部必修科目
  • 一般教養必修科目

●選択必修科目

  • 一般教養
  • 専門科目

●自由科目

  • 語学
  • 体育
  • 一般教養
  • 専門科目

 

語学や体育など、かぶっている科目もいくつかありますね。

必修科目の「語学」や「体育」は主にクラス授業で行われ、内容も基礎的なものが多いです。

一方、自由科目の「語学」や「体育」は授業によって内容レベルが異なります。

「必修科目」を難しくすると学生の卒業率が大きく下がることが予想されるため、必修科目は基礎的な内容を扱う場合が多いということを覚えておきましょう。

 

また選択必修科目については、規定の単位数になるように、選択必修科目の中から履修する授業を自分で選ばなければなりません。

選択必修科目に自分の興味がある授業があるならば、もちろんその授業を履修するべきですが、興味がある授業の有無にかかわらず、とにかく友人と一緒に同じ授業を履修することを一番にしましょう。

 

履修する授業を選択する手順

履修登録までの手順
  1. 履修登録についての情報収集を行う
  2. 必要・受講単位数の確認を行う
  3. 授業ごとの情報収集を行う
  4. 単位数の確認と履修する授業を決定する
  5. 履修登録を行う(大学への届け出)

大学では多くの授業を自由に選択出来るわけですが、どのような手順で履修する授業を選ぶべきか、不安に思う新入生たちもたくさんいるでしょう。

そんな方たちに見てもらいたい、無難に履修する授業を選ぶ手順は以下の通りです。

手順のひとつひとつを詳しく見てみましょう。

 

1.履修登録について情報収集

履修登録についての一般的な基礎知識については上記しましたが、細かい部分は大学によって異なります。

新入生ガイダンスで配布される資料やシラバスをしっかり確認し、自分の大学の履修登録について情報収集をしましょう。

特に新入生ガイダンスでは授業内容や履習する科目の選び方、具体的な履修登録の方法などの説明が行われます。

必ず参加しましょう。

参考:大学の新入生ガイダンスって何?服装や内容について

 

そしてこの段階で、卒業までに必要な単位の確認を必ず行ってください。

具体的には以下の2項目の確認です。

  • 卒業に必要な最低取得単位数
  • 必修科目・選択必修科目・自由科目単位の内訳

進級や卒業に必要な単位の確認を怠っていると、留年の危機はマジで簡単にやってきます。

絶対にしっかり把握しておいてください。

 

2.授業ごとの情報収集

シラバスなどで授業一覧を見ると、履修する授業をすぐに選びたいと思うでしょう。

しかし、ここでさらに集めなければならない情報があります。

それは各授業についての詳しい情報です。

具体的には以下の3つです。

  • 授業内容について
  • 教授・先生について
  • 単位評価基準

 

あなたが想像している授業内容と実際の授業内容は雰囲気が異なるかもしれませんし、先生にもいろんな方がいます。

大学の先生たちは指導者である以前に研究者ですからね。

高校と違って分かりにくい授業を行う先生も当然いますし、異様に試験問題が難しい先生もいます。

 

私も先生選びに失敗し、いくつもの単位を落としています。

授業を実際に行っている先生たちについての情報は単位の取得に大きく関わりますから、出来る限り情報を集めておきましょう。

 

また、授業ごとに単位の評価基準は異なっています。

具体的な例で表すと以下のような感じですね。

  • 「出席10%、提出物30%、学期末試験 60%」:テスト重視の授業
  • 「出席60%、提出物10%、学期末試験 30%」:出席重視の授業

 

確実に単位を取りたいという学生は、出席重視の授業の方が楽でしょう。

一方で学外で積極的に活動している学生の中には、あまり大学に時間を使いたくないという方もいます。

いわゆる「副業重視タイプ」や「趣味重視タイプ」の学生たちですね。

そんな学生たちにとっては、テスト重視の授業の方がありがたいわけです。

このように、授業ごとの詳しい情報を集めることはとても重要なのです。

 

そして、これらの情報の具体的な集め方についてですが、まず学校ごとに配布されるシラバスを読みこんでください。

また、各授業について詳細にまとめている「裏シラバス」を学生団体等が販売していれば、それも必ず入手しましょう。

次に、シラバスを読んで興味が出たいくつかの授業について、サークルの先輩たちから実際に話を聞きましょう。

やはり学生視点の情報はとても貴重です。

その他、履修登録の前に実際に授業を受けてみるど入念な情報収集を行いましょう。

 

3.履修する授業の選択

各授業についての情報収集を終えたころには、履修したい授業がいくつか決まっているはずです。

そして履修するべきではない授業も…

この段階になれば、集めた情報をもとに自分なりの時間割を組んでいきましょう。

 

具体的な時間割の組み方については、こちらの記事で、私の1年生の頃の時間割を使って分かりやすくまとめています。

時間割の組み方に不安を感じている方は参考にしてみてください。

参考:大学生の時間割の組み方を具体例を使って徹底ガイドします

 

4.履修授業と単位数の確認

履修したい授業を選ぶだけではいけません。

1年間で取得可能な単位数は大学によって決められていますからね。

取得可能単位数をしっかり確認し、履修したい授業を取捨選択しましょう。

 

5.履修授業の確定と大学への届け出

具体的に履修する授業を決めた後は、必ず大学で履修登録をしてください

もし履修登録をしていなければ、いくら授業で好成績を取っていても評価されません。

そしてもちろん、単位も出ません!

 

履修登録の期限は必ず決まっています。

期限に余裕をもって、絶対に忘れないように履修登録を行いましょう。

 

まとめ

以上、履修登録の基本と登録までの5つのステップについての解説でした。

大学は高校と異なり、自由に時間割を組むことが出来ます。

しかし授業選択が自由である反面、履修登録する授業を自らしっかり考える必要があります。

留年しないように各授業の情報収集を怠らず、自身が楽しんで学べる授業を履修しましょう。