大学生の時間割の組み方を具体例を使って徹底ガイドします

大学 時間割

ここでは大学の時間割の組み方について、私が実際に大学1年生の頃に履修登録した具体例を使って、分かりやすく解説していきます。

大学に入ったばかりの頃は、

「一日に最大何コマまで授業を入れるべきか」

「一限は授業を入れない方が良いのか」

「どのような順序で時間割を埋めるべきか」

など、たくさんの疑問があると思います。

そんな時間割に関する数々の疑問を解消するために、ぜひともこの記事を時間割を組む参考にしてください。

スポンサーリンク

 

 

筆者の時間割

大学の時間割の組み方について解説して行く上で、時間割の具体例が無ければイメージしにくいと思います。

なので、筆者の1年生の頃の時間割を例に説明しようと思います。

 

筆者(経営学部)の1年生時の時間割

1東洋史英語1 マクロ経済
2経営論数学 簿記 英語2情報スペイン語2
3倫理学実習 体育スペイン語1
4大学研究
5
6

 は「必修科目」、 は「選択必修科目」です。

 

どうでしょうか。

土曜日にもスペイン語の授業が入ってますし、どの曜日にもまんべんなく必修科目が配置されており、必修科目が無いのは月曜日だけです。

大学の悪意を感じますよね。

必修科目は大学によって勝手に決められることが多いと思いますが、私のは明らかにハズレと言えます。

ちなみにこの年、「英語1」と「英語2」はサボりまくった挙句に単位を落としています。

 

当時は「全休日」を作ることが出来ず、とても苦労しました。

※全休日とは、自分が履修する授業が全くない日(曜日)のことです。

全休日は大学に行く必要がなく、その日一日は自由に使うことが出来ます。

必修科目が無い曜日を全休日に出来ると大学生活がかなり楽になりますから、履修する授業を選ぶ際に全休日を作れないかしっかり考えて下さいね。

そして絶対に必修英語は落とさないようにしましょう。

 

大学の時間割を組む手順

時間割を組む手順

  1. 一年間の取得可能単位数を確認する
  2. 時間割に必修科目をうめる
  3. 選択必修科目から授業を選ぶ
  4. 自由科目から興味がある科目を選ぶ
  5. 自由科目の「楽単」を選ぶ
  6. 履修登録をする前に授業を下見する

 

1.一年間の取得可能単位数を確認する

1年間の取得可能単位数は大学ごとに決められており、多くの場合、各学年で取得可能な最大単位数は40~50単位ほどです。

1つの授業ごとに1年間で4単位取得できるのが一般的ですね。

大学の時間割は、取得可能単位数ギリギリになるように組むのが一般的です。

たとえば、一年間の最大取得単位数が48単位であれば、48単位ぶん履修登録をしておくということです。

 

取得可能単位数が分かれば、一年間で履修可能な授業数も自ずと決まります。

だいたい皆さん、週に8~15科目ほどの授業を履修することになるでしょう。

まずは自分が1年間で取得可能な単位数をシラバス(履修登録資料)で確認しましょう。

 

2.時間割に必修科目をうめる

  • 時間割は必修科目が基点
  • 全休日を作れるか確認する

上の時間割で  になっている「英語」「スペイン語」「体育」が必修科目です。

必修科目は各学生やクラスごとに決められており、まず変更はできません

 

したがって、

〇曜日△コマは「英語」

△曜日〇コマは「体育」、

というように時間割を組む上で選択の余地がありません。

 

まずは、自分の時間割に必修科目を書き込みましょう。

必修科目は時間割を組む上でとても厄介な存在です。

必修科目は進級に直接的に関係するため、必ず単位を取らなければなりません。

そのため時間割どころか、アルバイトやサークル活動の時間帯もすべて必修科目を中心に決めなければなりません。

必修科目をしっかり確認して、必ず登校しなければならない曜日を把握しましょう。

 

3.選択必修科目から授業を選ぶ

  • 1限目の授業は出来る限り避ける
  • 選択必修科目は出来るだけ友人と一緒に履修する
  • 必修科目がある曜日に選択必修科目を入れる
  • 全休日を作れないか意識する

上の時間割で  になっている「経営論」「簿記」「マクロ経済」が選択必修科目です。

選択必修科目は進級や卒業のために必ず取得しなければならない科目(単位)なのですが、授業の曜日や教授を選択することが出来ます。

つまり、必修科目よりも授業日に融通が利くということですね。

 

選択必修科目は出来る限り友人たちの時間割と自分の時間割を調節し、友人と一緒に履修することを心がけてください。

どんな科目でも一人で出席する授業は足が重くなりがちですが、友人が出席している授業であれば大変な授業であっても助け合うことが出来ます。

必修科目は友人と一緒に履修出来るかどうか運の要素が大きいですが、選択必修科目は時間割上の融通が利くのです。

この利点を最大限利用するためにも、選択必修科目は出来る限り友人を誘って同じ授業を受けましょう。

 

さらに、可能であれば必修科目がある曜日に選択必修科目を入れることをおすすめします。

必修授業が有る曜日をまとめることで、絶対に登校しなければならない曜日を減らすことができ、大学生活に余裕が生まれます。

 

4.自由科目から興味がある科目を選ぶ

  • 授業内容について調べる
  • 教授・先生について調べる
  • 単位の評価基準を調べる

必修科目と選択必修科目を時間割に書き込んだ後は、あなたが興味のある授業を選びましょう。

興味のある授業というのは、シラバスの紹介文や先輩のアドバイスなどを聞いて出席したくなった授業の事です。

履修授業を自由に選ぶことが出来るのが大学の醍醐味ですね。

 

まず、本当に自分が興味のある授業の内容なのかしっかり調べましょう。

実際に出席してみると、予想していた授業内容や雰囲気が大幅に違ったという話はよくあります。

そして教授の授業の進め方もしっかり確認してください。

いくら興味のある授業内容だとしても、単位が取りにくい教授の授業は大変ですから。

 

また、各授業ごとに単位の評価基準は異なります。

せめてテスト重視の授業なのか、出席重視の授業なのかという2点は調べておきましょう。

 

5.自由科目の「楽単」を選ぶ

  • 自分のライフスタイルに合った時間の授業を選ぶ
  • できるだけ興味のある楽単を選ぶ
  • 友人と同じ授業を履修する

興味がある授業を選んだ後でまだ取得可能な単位数が残っているなら、単位を取りやすい科目、いわゆる「楽単」を選びましょう。

楽単科目を選ぶのはとても重要です。

取得単位数限界まで時間割を埋めず、そのまま履修登録をするのは非常に勿体ないです。

たとえ自分が興味のない授業がであったとしても、友人が受けている授業や楽単と呼ばれている授業を選び、時間割に組み込みましょう。

取得単位は多いに越したことはありません。

必修科目や自分が積極的に履修したい授業は、時間割上融通が利きにくいです。

しかし一方、取得可能単位数を補うために選ぶ授業は、時間割上融通を利かせやすいという側面があります。

そのため、取得可能単位数を補うために選ぶ授業は、出来るだけアルバイトやサークルの活動時間とかぶらない時間の楽単授業を選びましょう。

また、いくら楽に単位が取れる授業であっても、ある程度の出席やテスト勉強は必要です。

楽に単位が取れる授業だからと侮らず、できるだけ友人と一緒の授業を履修することを心がけてください。

 

6.履修登録をする前に授業を下見する

いわゆる授業を履修する前の最終確認ですね。

多くの科目では、履修登録の期限までに「オリエンテーション」として何度か授業が行われるはずです。

履修登録をする前に、それぞれの授業を必ず最低1回は出席して授業の下見を行いましょう。

 

集めた情報に従って時間割を組んだ後に、実際に履修予定の授業に出席して授業の雰囲気を知ることはとても重要です。

もしかすると、話に聞いていた授業と実際の授業では内容が違うかもしれません。

この確認作業を怠ったまま履修登録をしてしまうと、後々の後悔につながります。

これは必ず行ってください。

 

履修登録をする際の注意点

履修で時間割を組む手順について解説しましたが、覚えておいてほしい履修の注意点もあります。

具体的には以下の2つです。

  • 1・2年生しか履修できない科目は優先的に取る
  • 実習のために必要な単位が決まっているならば、必ず規定の科目(単位)を取る

上記の2つは、意識していなければ進級後に困るという点で共通しています。

履修登録は本当に重要な大学手続きです。

時間割を組むだけでなく、必ず履修登録を忘れないように気を付けてください。

 

履修のQ&A

Q:一日に最大何コマまで授業を入れるべき?

A:一日をフルに使って、全てのコマを受けることも可能です。

しかし実際、1コマ90分の授業を一日4コマ以上集中して受けるのは至難です。

一日何コマまでなら自分が耐えることができるか、しっかり考えて選びましょう。

 

Q:一限目は授業を入れない方が良い?

A:多くの学生は1限の授業を受けたがりません。

その主な理由としては、「早起きしたくない」、「満員電車に乗りたくない」の2つが挙げられます。

この二つに耐えられるのであれば、1限の授業を受けても問題ないでしょう。

1限の授業は受けている学生が比較的少ないので、学生が多い授業が嫌いな方にはおすすめです。

 

まとめ

以上、大学の時間割の具体的な組み方についての解説でした。

実際には、上記の他にも部活やサークルの活動日や、アルバイトのシフトが時間割に影響することもありまくります。

また、大学生は夜ふかししがちですから、朝の起床時間も気を付けなければなりません。

 

時間割を組み終えた後に、履修した授業に必ず出席することが出来るか何度も考えてください。

結局、重要なことはあなたが単位を取ることが出来るか否かだけです。

他の方々からの意見を参考にするのはもちろんですが、大学生として自分が興味のある授業をできるだけ選びましょう。

スポンサーリンク

AUTHOR著者

こん

都内で一人暮らしをしながら大学生やってます。今までの大学生活を振り返りながら、大学生にシェアしたいことを気ままに書いてます。 #気が付いたら4回生