浪人に失敗して就職する時の流れ|後悔しない企業選びのやり方

浪人に失敗して就職する時の流れ|後悔のない企業選びの仕方

浪人から就職を選ぶ学生はたくさんいます。

私自身も自宅浪人の経験がありますから、就職したくなる浪人生の気持ちはとてもよく分かります。

今回は、浪人生が就職する際の流れと私からのアドバイスを書きました。

浪人からの就職活動は大変なことが多いですから、自分をしっかりサポートしてくれる就職斡旋口を探し、後悔の無い企業選びを行いましょう。

JAIC(ジェイック)

浪人からの就職活動は厳しい

工業高校や商業高校の場合、高校のブランド力による「新卒指定校求人」や先生からの手厚い就職支援があるので、就職口に困る学生は1割もいません。

もちろん、指定校求人の質や量は高校によりますが、実は大手企業の求人も多いです。

しかし、多くの浪人生にはそのような就職ルートはありません。

浪人を選んだ学生は「高校既卒」からのスタートになりますから、自ら就職先を探す必要がありますし、高校新卒で就職した方たちよりも企業の規模感は落ちてしまいがちです。

もし本気で浪人からの就職活動を行うのであれば、これらのことを念頭においておきましょう。

 

しかし、浪人から就職口を探すことは不可能なわけではありません。

多くの方が、高校既卒やフリーターから実際に企業に就職しています。

ですが、やはり大卒資格があったほうが出世しやすい業種・職種があるのも事実なんです。

すぐに浪人を辞めて就職する決断をするのではなく、まずはどんな就職口があるのか探してみましょう。

 

浪人失敗から就職までの流れ

浪人に失敗して就職する時の流れ| は、業界選び・就職斡旋口選び・企業選び・面接・内定です。

業界選び

まずは働きたい業種を自分で選びましょう。

IT系や製造業、流通業など世の中には多くの業種がありますが、長く企業に務めたいのであれば自分に合った業種を選ぶことはとても大切です。

特に浪人からの就職の場合、「大卒コンプレックスを感じない業界」や「学歴が出世に影響しにくい業界」は意識するべきです。

この業種選びはとても難しいので、就職斡旋口のスタッフに相談しながら決めるのもおすすめです。

 

就職斡旋口選び

志望業界にある程度の目星をつけたら、次は就職斡旋口を探しましょう。

就職支援サービスやハローワークなどの就職斡旋口から就職先を案内してもらうのが、浪人生が就職する際のルートとして一般的です。

しかし、私の知り合いでハローワークで良い求人を見つけたという話を聞いたことが無いので、正直ハローワークはできるだけおすすめしたくありません。

良い求人に出会いたいのであれば、ぜひ無料の就職支援サービスを利用してください。

後で紹介しますが、浪人生の就職支援にはジェイックの「就職カレッジ」が特におすすめです。

 

企業選び

就職斡旋口のスタッフと相談しながら、自分が働きたいと思う企業を選びましょう。

もしかすると定年まで勤める可能性のある企業を選ぶわけですから、中途半端ではいけません。

ある程度の妥協が必要な場合ももちろんありますが、自分の納得できる就職口が無いようであれば、就職斡旋口を変えてでも理想の企業選びを行いましょう。

大事なことは「その企業で自分が働き続けられるか」どうかです。

気になることはスタッフに質問しましょう。

 

就職面接

企業選びを終えれば、次は就職面接です。

一社の面接だけですんなりと就職先が決まらないケースがほとんどです。

数社、もしくは数十社の面接は覚悟しましょう。

しかし、怖がる必要はありません。

高校生や大学生も就職活動の際には必ず企業面接を通ります。

大学生でも数十社受けても内定を一つも貰えないことがあるのです。

自分の熱意を伝えられるよう、面接練習はしっかりしておきましょう。

 

内定・就職

無事に企業から内定が出れば、実際に働き始めることが出来ます。

一度入った会社にずっと在籍しなければならないルールはありません。

スキルを積み、より良い条件の会社に転職しよう

やっぱり大学・専門学校に通おう

お金をためて起業しよう

就職後の進路は人ぞれぞれです。

とにかく、最初の一歩を踏み出すことが大切です。

 

就職してから大学を目指すという道もある

就職活動は簡単なことではありません。

ここまでの流れを見て、「やっぱり浪人をがんばろう」と思い直す方もたくさんいるでしょう。

大学への未練がある方は、もう一年浪人してでも志望校を目指したほうが良いと私は個人的に思います。

大学に行くメリットはたくさんあります。

本当に就職の道を選んでいいのか、しっかり自分に問いかけて決断しましょう。

それでも就職を選ぶという方は、自分の後悔の無い企業選びを行ってください。

 

また、就職してから大学を目指すという道もあります。

浪人をしている時には、自分の進路が停滞して見えます。

自分の同級生たちはどんどん前に進んでいるのに、自分だけ取り残されているみたいだ。

これは多くの浪人生が抱えてしまう不安です。

しかし、就職して働き始めることでこの停滞から抜け出すことが出来ます。

就職してから、大学に行きたくなったらまた大学を目指そうと考えている方も多いでしょう。

ぜひ、先のことまで考えて注意深く就職活動を行ってください。

 

ジェイックの8つの特徴

ジェイックの就職カレッジでは、専任の就職アドバイザーが個別に付いてくれます。

また、ビジネスマナーや面接の受け方を教えてくれる無料の就職講座も充実しているんです。

一人で就職活動をするのはとても大変です。

業界研究や企業研究、面接対策をすべて自分でするわけですから、いったい何をすればいいのか分からなくなるんです。

この点、ジェイックのような無料の就職支援サービスを利用していると、無駄なことに迷うことがなくなります。

 

そして、何よりもジェイックの就職カレッジは、フリーターや大学中退者の方を主に対象にしているのがポイントです。

ハローワークなどの多くの就職斡旋口では、老若男女年齢も関係なく扱われるので、人生初の就職活動には向いていません。

正直、素晴らしい求人に出会える確率もかなり低いです。

20代前後はまだまだ若いですから、自分を安売りするのは辞めましょう。

就職先を少しでも選り好みするためにも、しっかりとしたビジネスマナーや就職支援を無料で行ってくれるサービスを活用しましょう。

⇒ 入社後の定着率は驚きの94%!無料就活支援を行うジェイックとは?

 

ジェイックの登録はたった1分

他の就職支援サービスと異なり、気軽に登録できるのがジェイックの強みです。

ぜひ、無料の会員登録だけでもしてみてください。

⇒ 入社後の定着率は驚きの94%!無料就活支援を行うジェイックとは?

JAIC(ジェイック)