フル単は大学生にとって当たり前?|達成する意味とメリット

フル単新入生

「フル単」という言葉をご存知でしょうか。

大学生たちの会話において頻繁にネタにされるフル単。

フル単は成し遂げられた者にとっては勲章ですが、成し遂げられなかった者にとっては心底どうでもいいものになってしまう、とてもデリケートなものなのです。

 

「フル単は大学生にとって当たり前である」という言葉を聞くこともあるでしょうが、本当にそうなのでしょうか。

フル単を達成することのメリットや、フル単を達成するために必要な3つのことと交えてまとめてみました。

参考にしてみてください。

スポンサーリンク

 

※関連:大学の単位の仕組みを分かりやすく徹底解説します!

フル単の意味とは

「フル単」とは、「ある学期・学年において、履修登録した全ての単位を取得する」ことを指します。

つまり、フル単を達成するということは、真面目に授業に取り組んだということの証明になるのです。

単位をひとつも落とすことが出来ませんから、もしフル単を目指すのであれば、すべての授業に細心の注意を払って慎重に取り組みましょう。

ちなみに、私はフル単を達成したことがありません。(笑)

 

フル単のメリットとは

〇フル単は就職活動で評価される?

フル単は就活と関係ない

気になる方が多い疑問として、「フル単を取ったことで就職活動で優遇されるのか」というものが有ります。

しかし、就職活動においてフル単が評価されることはまずありません。

この理由としては、大学・学部学科によって単位の取りやすさに大きな差があることが挙げられます。

 

レベルが高い授業が多い大学であればそれだけ単位は取りにくくなりますし、一般的に、文系学部よりも理系学部の方が単位が取りにくい傾向にあります。

つまり、フル単の価値は学生によってさまざまで、優秀な学生を探す指標としてはあまり役に立たないのです。

したがって、フル単であるということだけで就職活動中に優遇されることはまず考えられません。

もしも就職活動で評価されるとすれば、フル単よりも「GPA」でしょう。

しかし、このGPAすらもあまり就職活動では評価対象にはならないくらいです。

 

〇4年次に必要な取得単位数が減る

フル単なら4年生が楽になる

しかし、就職活動で評価されないと言っても、フル単にも一応メリットはあります。

それは、4年生の時に取得しなければならない単位数が減り、単位を取るモチベーションにもつながるというものです。

多くの大学では、1学年の取得可能単位数は制限されており、たいてい1年間で40~50単位ほどしか取得することはできません。

そして、大学を卒業するために必要な単位数も定められており、こちらも大学によって異なりますが、卒業までに120~140ほど必要になります。

参考:大学の単位の仕組みを分かりやすく徹底解説します!

 

つまり3年生までフル単であれば、4年生はわずかな単位を取得するだけで卒業することが可能になるのです。

特に4年生の前期は就職活動で忙しい時期なのですが、この時期に出席しなければならない授業が多いとかなり負担になります。

学年ごとにフル単に近い数の単位を取得していれば、4年生で取得しなければならない単位数はかなり少なくなっているはずです。

フル単を目指して、単位を取得するモチベーションを保つといいでしょう。

 

フル単は当たり前ではない

フル単は当たり前ではない

フル単は大学生にとって当たり前のことなのでしょうか。

たしかに、毎年フル単を達成する学生はたくさんいます。

経験上、1年生のときにフル単だった学生は、2年生以降もフル単を達成し続ける傾向が強いです。

 

しかし一方、私のように一度もフル単を達成できない学生もたくさんいます。

また先ほども書きましたが、単位の取りやすさは大学や学部によって大きく差があります。

やはり大学生全体としてみる場合、大学生にとってフル単は当たり前のものではないと言えるでしょう。

 

それでは、「フル単を達成する学生」と「フル単を達成できない学生」の違いとは何なのでしょうか。

これに関して言えは、それぞれの学生のフル単についての捉え方の違いだと思います。

「フル単」という勲章にどれだけ価値を見出せる、これがフル単を目指す人と目指さない人の違いと言えるでしょう。

 

私の場合、「とにかく大学を卒業できるだけの単位さえあれば十分だ」と考えていたので、フル単にはまったく興味がありませんでした。

フル単のメリットって、特にプラスになるものでもありませんからね。

わざわざ苦労してフル単を目指そうなんて考えられませんでした。

 

しかし、「絶対にフル単を取らなきゃダメだ!」と心に固く誓っている大学生もたくさんいます。

正直、毎年フル単を達成する学生たちは素直にすごいと思います。

フル単を達成したからといって特に得するようなことはありませんから、フル単達成はおまけ程度に考えておくと気が楽になるでしょう。

 

フル単の取り方

フル単の取り方

フル単を取りたいのであれば、方法はシンプルです。

ズバリ、「ちゃんと授業に出席し、課題を出し、期末テストで合格点を取るだけ」です。

当たり前のことですが、これが多くの大学生にとっては難しいのです。

 

フル単を達成できない、または単位を落としがちな学生に共通して言えることは、「そもそも授業への出席率が低い」ことと「試験勉強にかける時間が少ない」ということです。

これらの他にも、「レポートなどの課題を出さない」ということも挙げられるでしょう。

 

したがって、フル単を目指すのであれば、これらのことの逆をすればいいということになります。

つまり、

「ちゃんと授業に出席する」

「試験勉強にしっかり時間をかける」

「レポートなどの課題を忘れずに必ず提出する」

をしっかり実行するということです。

一見当然のことのように思えますが、フル単を取るために抑えるべきポイントはこの3点だけです。

フル単を目指すのであれば、上記の3点をしっかり実行してみましょう。

 

また例外として、「運悪く、単位を出してくれない意地悪な先生に当たってしまった」という場合などはあります。

本気でフル単を達成したいのであれば、履修登録の段階でしっかりと時間割を考えて組みましょう。

こちら大学生の時間割の組み方を具体例を使って徹底ガイドしますで、実際に私の時間割を使っておすすめの履修登録について解説しています。

よければ参考にしてみてください。

 

まとめ

フル単はもはや趣味

フル単を目指すことは、単位取得のためのモチベーション維持に最適です。

大学生は、どうしても在学中に学業以外のことに意識が向いてしまいがちですから、アルバイトやサークルなどが忙しくて単位が危ないという学生は、フル単の達成を目標にしてみてはいかがでしょうか。

しかし、フル単は無理をしてまで達成するべきものでは無いのも事実です。

フル単達成に全力を尽くすのではなく、その他の活動を充実させることにも力を注ぐべきだと私は思います。

関連コンテンツ
関連コンテンツ
新入生
カレッジナビ|大学生のガイドブック