大学生のアルバイト勤務時間の平均はどのくらい?調べてみた

大学生 バイト 時間アルバイト

大学生はアルバイトにどれだけの時間を使っているのでしょうか。

「旅行に飲み会、お金がいくらあっても足りない!」という大学生はたくさんいますが、大学生がお金を稼ぐ方法は限られています。

大学生が手っ取り早くお金を稼ぐことができる方法といえば、誰しもがアルバイトを思い浮かべるでしょう。

しかし、アルバイトはお金のために「大学生活」という貴重な時間を消費してしまいます。

 

「できればアルバイトなんてしたくない。」という学生諸君もたくさんいることでしょう。

実際、世の中の大学生たちは平均してどれほどの時間をアルバイトに使っているのでしょうか。

今回は、大学生のアルバイトの平均勤務時間や、大学生たちが長時間アルバイトをする理由、長時間勤務になりがちなアルバイトについて調べてまとめてみました。

自分に必要な収入額から逆算して、理想的なアルバイトの勤務時間を考えてみましょう。

スポンサーリンク

 

大学生バイトたちの平均勤務時間

ここでは、大学生たちの平均アルバイト勤務時間(週間)について見てみましょう。

資料は、全国の大学生たちを対象に行った「平成26年度学生生活調査結果(JASSO)」を引用しています。

 

大学生たちの平均アルバイト勤務時間(週間)

0時間/週32.3%
1~11時間/週23.5%
11~20時間/週31.5%
21時間以上/週12.6%

 

週に11~20時間のアルバイト勤務が、アルバイトをしている大学生たちの中でもっとも多いようですね。

私の友人たちを見ていても、1回8時間のアルバイト勤務を週2回する大学生が多いイメージです。

もしも、1回8時間のアルバイト勤務を週2回するとなると、

8(時間/日)×2(日/週)=16(時間/週)

になりますから、11~20時間/週のアルバイト勤務をする大学生たちが多いのも納得です。

 

また、週に21時間以上アルバイトをしている大学生は全体の約1割しかいないようです。

これは少し意外ですね。

月10万円以上をアルバイトで稼ぐ大学生は全体の1割以下しかいないようです。

 

それでは次に1週間の勤務日数について見ていきましょう。

おそらく週に21時間以上アルバイトをしている大学生たちは、多くが週3日以上の勤務をしているはずです。

見てみましょう。

 

大学生は週3バイトが多い?

?

ここでは、大学生たちが求める1週間の勤務日数について見てみましょう。

資料は、「大学生の実態調査2016(就職みらい研究所)」の結果から引用しています。

 

大学生の平均アルバイト勤務日数

1日未満/週11.1%
1日/週9.3%
2日/週23.6%
3日/週27.4%
4日/週16.9%
5日以上/週11.8%

 

やはり週2、3日でバイトをしている大学生たちが多いようですね。

「タウンワーク」や「マイナビ」などのWEB求人サイトでも、多くのアルバイト応募条件に「週3日勤務以上」というタグがついています。

アルバイト求人は、基本的に週3日以上の勤務が目安となっていることを知っておきましょう。

 

しかし、「週3日もアルバイトをするのはきつい」という方もいますよね。

そんな方も安心してください。

グラフを見てわかるとおり、週2日の勤務でも十分働けるアルバイトはたくさんあります。

週2日勤務のアルバイトを探す場合でも、「週3日以上」の勤務先に応募してみましょう。

多くの求人サイトでは週3日以上の勤務が条件になっているわけですが、採用された後にシフトを減らして週2日の勤務に調整するのがいいです。

 

ですから、「週3日はきついけど、週2日なら何とかバイトできるかも」という方は、採用後にシフトを調整する前提で「週3日以上の勤務」が条件になっているアルバイトに応募してみるといいでしょう。

これは多くの大学生がしていることですから、あまり気にしなくても大丈夫です。

実際にアルバイトをはじめると、特に「期末テストがある時期は週1回の勤務になってしまう」学生はたくさんいます。

お店側も大学生を採用する時点である程度の覚悟はしていますから、あまり気にしません。

>>バイトル[学生歓迎]のアルバイト情報を検索

 

ここまで、大学生バイトたちの平均勤務時間について触れてきました。

しかし、そもそも大学生たちは一体何を目的として長時間アルバイトをするのでしょうか。

もちろん、学生それぞれによって長時間バイト勤務をする目的は異なるでしょうが、ここでは主な理由をまとめてみました。

 

大学生が長時間バイトをする理由とは

【1】お金のため

【2】やりがいを求めて

【3】異性との接点を求めて

【4】無理やり・ブラック企業

【1】お金のため

時給が比較的高い

大学生たちがアルバイトをする理由として、もっとも声が挙がるのが、「金銭目的」です。

アルバイトは、もっともお手軽かつ継続的に学生が「時間」を「金銭」に変える事が出来る手段です。

理系大学生たちはさて置き、一般的な文系大学生たちの多くは時間に余裕がありますから、「時間的余裕」を利用して長時間アルバイト勤務をする大学生たちが多いのが現状ですね。

 

【2】やりがいを求めて

やりがい

「お金」目的と同様に、「やりがい」を求めて長時間アルバイト勤務をする大学生も多いです。

例えば、教師志望の教育学部生たちが「塾講師バイト」をしたりアパレル業界に興味がある学生が「ファッション系」のバイトをするなどですね。

これらに共通していることは、自分が興味がある業界や、将来就職したい業界内のアルバイトをするという部分です。

自分の興味がある仕事ですから「やりがい」が生まれますし、長時間勤務が苦になりにくい傾向にあります。

 

またIT業界やベンチャー企業のような、アルバイトよりも有給インターンをたくさん募集している業界・企業もあります。

やりがいを持って取り組めて、お金ももらうことができるのであれば最高です。

ぜひ最初は自分の興味のある業界のアルバイト、有給インターンを探してみて下さい。

 

【3】異性との接点を求めて

出会い

アルバイト先に好きな相手がいる場合、相手との接点を増やすために長時間アルバイトをするというケースもたくさんあります。

長時間アルバイトをしていれば目的の相手とのシフトもかぶりやすくなりますから、合理的な手段と言えるでしょう。

しかし、目的の相手にすでに付き合っている人がいるなどが判明した場合などの際に、長時間勤務に耐えられるかと言えば難しいところです。

また職場恋愛は別れたときが辛いので、気軽に相手と付き合いにくいという側面もあります。

 

【4】無理やり・ブラック企業

ブラックなアルバイト

ブラックバイトに入ってしまったり、無理なシフトを断れなかった場合に仕方なく長時間アルバイト勤務をしてしまうというケースもよくあります。

無理やり長時間勤務を強いられて困っている場合は、信頼できそうなバイト仲間がいれば相談しましょう。

そして、店長としっかり話をしましょう。

店長と相談しても解決できないようであれば、そのアルバイトは辞めるのが得策です。

大学生を募集しているホワイトなアルバイト求人はたくさんありますから、気にせず次の職場を探しましょう。

 

勤務時間が長くなりがちなアルバイト業種

多くの大学生が働いていて長時間勤務になりがちなアルバイトは、ある程度決まっています。

ここで、私と友人の経験をもとにして、特に長時間勤務になりがちなバイトTOP3を紹介しておきます。

 

3位:アパレル系アルバイト

アパレル系アルバイト

アパレル系のお店に入ると、とくに忙しさを感じない雰囲気で「何かお探しですか?」とよく声を掛けられますよね。

また店員さんを見ていると、「店内を歩き回っているだけの楽なお仕事なんじゃないか」と考えてしまうかもしれません。

しかし、アパレルの仕事は基本的にずっと立ちっぱなしです。

 

数時間ずっと立ちっぱなしだと、足への負担がやばいです。

しかもお店によってはノルマもあるので、いくら足が痛くてもお客さんを掴まえるために歩き回らなければなりません。

さらに、「在庫確認」などの裏方仕事も結構あります。

アパレル系のアルバイトは意外と重労働なお仕事ですし、長時間労働になりがちな業種でもあります。

 

2位:塾講師・個別指導講師アルバイト

塾講師バイトに向いてる人

約4割の大学生が経験したことが有ると言われているほど、大学生に人気の塾講師バイト。

私も大学一年生のころに、とある個別指導塾で講師のアルバイトをしていました。

個別指導塾では、基本的に特定の「担当生徒」を受け持ち、曜日指定で固定シフトに入るのが一般的です。

 

通常時は、学校終わりに数コマ教えて終わりというのがほとんどなのですが、夏休みや冬休みなどの長期休暇が落とし穴です。

特に担当している受験生から長期休暇中に数十コマ分の授業を申し込まれた場合、一人で対処できる量を超えてしまうことがよくあります。

この時がけっこう地獄です。

 

申し込まれた授業を他の講師に頼み込んで分担してもらってもいいのですが、たいていの場合、ほかの講師たちも同じことを考えています。

したがって、貴重な長期休暇中の多くの時間を生徒たちのために使うことになります。

生徒に教えるのは楽しい経験でしたが、4年間続けるとなると自分の時間をかなり犠牲にする覚悟が必要だと思います。

塾講師バイトに興味がある方はこちらの記事を参考にしてみてください。

参考:塾講師バイトって楽なの?仕事内容や向いてる人を元大学生講師が教えます

 

1位:人気の居酒屋チェーンアルバイト

人気の居酒屋チェーンアルバイト

何かとブラックバイトの代名詞にされがちな飲食系バイトですが、特に「人気の居酒屋チェーン店」は数あるアルバイトの中でも屈指の忙しさです。

まあ、居酒屋チェーンで働いている従業員の方々をみているとだいたい分かりますよね。

まず、居酒屋さんのピーク時は忙しさが本当にやばいです。

 

私も友人の紹介で個人経営の居酒屋さんのヘルプに入ったことが何度かありますが、チェーン店ほど席数が多くないのにピーク時はかなり忙しいです。

次から次へと注文がとおり、体育会系の部活動をしている感が半端ないです。

小さな居酒屋さんですらピーク時は動き回りますから、人気の居酒屋チェーンのピーク時はまさに戦場です。

ですから、注文ミスが合っても多少は大目に見てあげてください。マジで。

 

ただ居酒屋バイトの良いところとして、時間が本当にあっという間に過ぎることが挙げられます。

業務が忙しいので、「全力で注文を処理していたら、気がついた時にはめちゃくちゃ時間が経ってた」という感じになります。

忙しさは半端無いですが、「ひとつのことに悩みすぎず、全力で体を動かすのが好きだ」という方には向いていると思います。

基本的にシフトを思う存分入れることが出来るため、「とにかく稼ぎまくりたい」という学生にはおすすめのバイトだと言えるでしょう。

 

まとめ

今回は、大学生バイトたちの平均勤務時間や、勤務時間が長くなりがちなバイトなどについてまとめてみました。

まとめとしては、多くの大学生たちは週3日・合計20時間以内でアルバイトをする傾向にあるようです。

しかし、これらはあくまでも大学生全体の平均の話です。

学生によって必要なアルバイト収入は異なります。

自分がアルバイトでどの程度稼ぐ必要があるのかを把握し、そこから逆算して勤務時間を決めるのがいいでしょう。

 

アルバイトの中には忙しいお仕事もたくさんありますが、やりがいを感じられるお仕事もたくさんあります。

結局、アルバイトは自分が続けられるか否かがもっとも重要です。

時給だけに注目するのではなく、自分に合ったアルバイトを探してみましょう。

 

ホワイトなアルバイト求人なら

東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、大阪府、京都府、奈良県、滋賀県、兵庫県の大学生はt-newsのメルマガに登録しておきましょう。

t-newsのメルマガでは、かなりの頻度でホワイトなアルバイト求人が流れてきます。

詳しくはこちらで書いていますが、私は4年間ずっとt-newsのメルマガを解除できませんでした。

対象地域に住んでいる方は、ぜひ登録してみてください。

ちなみに、こちら(⇒ 大学生向け総合情報サイト「t-news」)から登録すると500円分のアマゾンギフト券がついてきます。

 

関連コンテンツ
関連コンテンツ
アルバイト
カレッジナビ|大学生のガイドブック