大学生は住民票を絶対に移すべき!4つの根拠を経験談を交えて説明します

大学生は住民票を移すべき

大学生から一人暮らしを始めるなど、親元を離れて大学生活を始めるという方は住民票を必ず移しましょう。

「大学卒業後に地元に帰るつもり」という方を筆頭に、一人暮らしを始める際に住民票の異動を行わない学生はたくさんいます。

しかし、住民票を地元のままにしておくと、大学生活中で不便なことがたくさん出てきます。

大学生が住民票を絶対に移すべき理由について、実体験を元に説明しているので参考にして下さい。

そもそも住民票って何?

住民票(住民基本台帳)は、個人の氏名や生年月日、性別や住所などを記録している国のパーソナルデータです。

そして、国民健康保険や国民年金などの行政サービスの基礎にもなっています。

つまり、住民票はあなた個人を特定するために必要な公的なデータなのです。

 

通常、引っ越したら絶対に住民票を移さなければならない

引っ越したら14日以内に住民票を移す必要がある

同じ市町村内で引っ越しする場合でも、他の市区町村に引越しする場合でも、引っ越しをしてから14日以内に住民票の転出届を出さなければいけません。

これは住民基本台帳法に定められている法律で、正当な理由なく引越し後に住民票の転出をしなかった場合、5万円以下の過料を受ける可能性があるんです。

 

でも学生の場合は少し特殊

ただ、学生の場合は住民票の異動義務について少し特殊です。

民法22条の解釈によって、以下のケースであれば住民票の異動しなくてもいいとされているんです。

●生活の拠点が変わらない場合(大学卒業後に地元に帰るつもりである場合など)

●新住所に住むのが1年未満と分かっている場合

つまり大学生の場合、住民票を移していなくても「卒業後に地元に帰るつもりだった」という理由であれば、住民票を移さなくてもいいという事ですね。

 

大学生は住民票を絶対に移しておくべき

しかし、大学生でも引っ越しをした際に住民票は絶対に異動しておくべきです。

大学生が住民票を移さなかった場合に発生する面倒な事について、私の経験を交えてまとめてみましたので参考にして下さい。

 

住民票を移さない大学生が感じる不便なこと

  1. 郵送物が一度実家へ送られて二度手間に
  2. 運転免許の本試験・更新のためにわざわざ地元へ
  3. 住民票が必要な時は実家に毎回連絡
  4. 現住所と居住地の住所が異なる理由をよく質問される

 

【1】郵送物が一度実家へ送られて二度手間に!

公的な書類や大学関連の書類など、大切な書類郵送物はたいてい「現住所」に送られます。

つまり、住民票を移していなければ、それらの重要書類は一度実家に送られるのです。

これがすこぶる面倒くさい。

住民票を移してさえ入れば何も問題ないのですが、現住所が居住地と異なるせいで、実家からあなたの下宿先まで重要な郵送物を送ってもらわなければならないのです。

大学など➔実家(現住所)➔自分の住所

これでは余計な郵送費がかかってしまいますし、何よりも自分の手元に届くまでに無駄な時間がかかってしまいます。

 

【2】運転免許の本免試験・更新のためにわざわざ地元へ

多くの学生が大学生活中に運転免許を取得します。

運転免許を取得する際、教習所は公認であれば全国どこでも(合宿免許含む)問題はないのですが、教習所を卒業した後に受ける「本免試験」の学科試験の受験や免許証発行は、住民票を置いている場所の免許センターにいかなければなりません。

さらに、運転免許の更新も同様です。

つまり、運転免許の取得や更新のために、わざわざ住民票を置いている地元へ行かなければならないのです。

特に地元が遠いという学生は、交通費が馬鹿になりません。

 

【3】住民票の写しが必要な時は実家に毎回連絡

何かサービスに登録する際など、「住民票の写し」を求められることが多々あります。

しかし、この住民票の写しは住民票を置いている市町村にわざわざ受け取りに行かなければなりません。

自身の代わりに家族に受け取ってもらうという手段もありますが、結局郵送してもらわなければなりません。

何か急ぎの手続きで住民票の写しが必要な際に、すぐに住民票の写しが手に入らない状況では余計な時間をロスしてしまいますし、イライラを感じてしまうことあります。

 

【4】現住所と居住地の住所が異なる理由をよく質問される

「現住所」は、本人の住民票に記載されている場所です。

つまり住民票を移動していない場合、現住所と実際に住んでいる場所が異なるということになります。

銀行口座やクレジットカードを開設する際や、病院で診察券を作る際など、「保険証」に記されている現住所と実際に住んでいる住所が異なる理由について、窓口のスタッフの方に本当によく質問されます。

「身分証明書の現住所は○○県ですけど、居住地は東京です。」

と毎回説明するのは面倒くさいですし、やはりややこしいです。

経験上、金融機関の場合は特に詳しく追及されることが多いです。

 

成人式は住民票のある地域に行かなきゃダメ?

住民票を地元から移さない大学生に多い理由が、「地元の成人式に出席したいから」というものです。

成人式の時期になると公的な招待状が届くのですが、基本的に成人式の会場は住民票を登録している地域になります。

つまり、住民票を異動していると「顔見知りが全くいない成人式への招待状が届く」可能性があるのです。

これは困りますよね。

しかし安心して下さい。住民票を異動していても地元の成人式への招待状を送ってもらうことは出来ます。

詳しくは地元のお役所のHPや電話での確認をするべきですが、たいてい一本の電話で招待状の受取住所を変更することが出来ます。

また、招待所を受け取っていなくても、身分証明書さえあれば当日出席できる成人式会場もあります。

 

結論:大学生は住民票を移しましょう

先程挙げた以外でも、住民票を移しておかないと「居住地で選挙できない」「印鑑の登録が居住地でできない」など、細かなところで不便なことがたくさんあります。

また総務省のホームページでも、入学による引っ越しをした場合は住民票を異動して下さいと掲載されています。

住民票の異動は、地元の役所で転出証明書を受取り、その転出証明書と転入届を引越し先の役所に提出するだけですからとても簡単です。

大学生活に慣れてしまうと住民票を移す手続きがどんどん面倒くさくなってしまうので、引っ越したらすぐに住民票を新住所に移しましょう。

そして、すでに長い大学生活を送っているという学生も、卒業後に地元に帰るつもりが無いのであれば、出来るだけ速やかに住民票を移しておきましょう。