大学生が仕送りなしで生活するためには毎月いくら必要?

大学生 仕送り なし

「大学生が仕送りなしで一人暮らしをすることは可能なのでしょうか。」

という不安を抱えている学生またはその保護者の方のために、今回は大学生が仕送りなしで一人暮らしをするための方法についてご紹介していきます。

仕送りがある学生と比べた場合、どうしても仕送りが無いまま一人暮らしをしている学生はアルバイトの負担借りる奨学金の額が大きくなりがちです。

もちろん、仕送り額がとても少ないという学生も同じです。

つまり親からの仕送りを頼りにできない学生は、一人暮らしをするために大きな覚悟が必要になるのです。

スポンサーリンク

 

しかし、大学生が仕送りなしで一人暮らしをすることは決して不可能なわけではありません。

実際、私も継続的な仕送り(経済的援助)はありませんが、なんだかんだ生活はできています。

「仕送りを当てにできないけど、大学生で一人暮らしをする必要がある」という学生は、まずは一人暮らしで毎月どれほどのお金がかかるのか計算し、毎月の必要な収入を割り出してみましょう。

そうすれば、「毎月いくらほどアルバイト収入が必要なのか」「奨学金がいくら必要なのか」が自然と分かるはずです。

大学生の一人暮らしに必要な収入などのデータについては、以下で詳しくまとめています。参考にしてみてください。

 

1.大学生は一人暮らしにいくら必要?

疑問

そもそも、大学生の一人暮らしには毎月いくらの収入が必要なのでしょうか。

毎月の生活に必要な収入額について具体的に把握していなければ、仕送りなしで生活できるか否かについて考えることは出来ません。

まずは、大学生活に毎月必要なお金の平均についてザッと見てみましょう。

日本学生支援機構さんのデータを整理するとこのようにまとめられます。

大学生の平均支出額(学費・家賃・生活費を含む)

●国公立大学生(実家暮らし):約9.1万円/月

●国公立大学生(一人暮らし):約12.5万円/月

●私立大学生(実家暮らし):約14.8万円/月

●私立大学生(一人暮らし):約18.3万円/月

「国公立大学生」と「私立大学生」との間ある差は「学費」の差です。

また、「実家暮らしの学生」と「一人暮らしの学生」との間にある差は「住居費(家賃)」の差ですね。

「どの大学生も毎月9万円~18万円ほどの支出がある」と把握しておくと良いでしょう。

「大学生の一人暮らしに必要な費用の内訳」について詳しく知りたい方は、こちら(大学生の一人暮らしにお金はいくらかかる?分析して分かったこと)を参考にしてみてください。

 

2.一人暮らし大学生の平均月収

大学生 収入

大学生が仕送りに頼らずに一人暮らしをするためには、毎月の支出だけでなく収入にも注目しなければなりません。

日本学生支援機構さんのデータをデータを参考にすると、「一人暮らしの大学生の平均月収は約17.6万円」であり、その内の約11.2万円が大学生の平均仕送り額であるようです。

大学生の毎月の収入としてはすこし高すぎるような印象を持ってしまう方もいると思いますが、このデータには保護者の学費負担分も「仕送り」として含まれているんです。

一応、保護者の学費負担分を除いた「学生が本当に自由に使えるお金としての仕送り額」はこちら(大学生の仕送りの平均額はいくら?調べた結果と印象)でまとめています。

 

それでは、「一人暮らしの大学生の平均月収とその内訳」を表と円グラフでくわしく見ていきましょう。

以下のデータは、全国の約10万人の大学生を対象にして行われた「平成26年度学生生活調査(日本学生支援機構)」を参考にしています。

 

一人暮らしの大学生の平均月収と内訳

平均額
仕送り11.2万円/月
奨学金4.0万円/月
アルバイト1.9万円/月
その他0.5万円/月

この表から、一人暮らし大学生の平均月収のうち、約6割が仕送りであることが分かりますね。

そして、仕送りなしで大学生活を送るためには、生活費の約6割の収入を仕送り以外でまかなう必要があることも分かります。

学費・生活費・家庭の収入などによって、それぞれの学生ごとに必要な月収は大きく異なります。

しかし、必要な収入がいくらであったとしても、平均して一人暮らし大学生の月収の約6割を占める仕送りの重要性は変わりません。

そもそも、仕送りなしで生活している学生は大学生全体の何割に該当するのでしょうか。こちらも調べてみました。

 

3.仕送りなしで一人暮らしをしている大学生の割合

割合

多くの大学生は、保護者から仕送りやお小遣いという経済的な支援を受けながら、大学生活を送っています。

しかし実際、保護者から経済的な支援を受けていない学生は大学生全体の何割なのか気になりますよね。

ここで、日本学生支援機構が行った「家庭からの給付程度別・アルバイト従事者の学生に対する割合という調査結果を見てみましょう。

この調査によると、「アルバイトしていて家庭から経済的な援助を受けていない大学生は、全体の7.5%である」という結果が出ています。

 

一人暮らし大学生のバイト収入と仕送りの有無

アルバイトをしている家庭からの給付を受けている 割合
65.7%
×7.5%
×26.8%

データから、 「アルバイトしていて家庭から経済的な援助を受けていない大学生」は、たしかに全体の約7.5%であることが分かりますね。

しかし、経済的な援助を受けていない大学生の割合を求めるには、「アルバイトしておらず、家庭から経済的な援助も受けていない大学生の割合」も加える必要があります。

今回参考にしたデータでは、アルバイトをしていない学生のうち、「家庭から経済的な援助を受けている学生」と「受けていない学生」の割合の詳細が分かりませんでした。

仕方ないので、この部分は考察を交えていきます。

 

まず、アルバイトをしていない大学生は全体の約26.8%を占めていますが、この学生たちの大半は家庭から経済的な援助を受けていると考えられます。

アルバイトと仕送りからの収入が無ければ、残りはすべて奨学金からの収入ということになりますからね。

生活費と学費をすべて奨学金で賄っている大学生はそんなに多くないでしょう。

したがって多少の誤差は考えらますが、家庭から給付(仕送り)を受けていない学生は、大学生全体の約1割ほどであると考えて問題ないでしょう。

なんにせよ、仕送りを受けていない大学生がかなりの少数派であることは間違いありませんね。

スポンサーリンク

4.一人暮らしの大学生が仕送りなしで生活するには

お金ない

一人暮らしの大学生が仕送りなしで生活するためには、一般的にアルバイトと奨学金からの収入を増やす必要があります。

そして、ここで重要になるのがアルバイト収入と奨学金の割合です。

●「収入の何割をアルバイト収入から賄うのか」

●「収入の何割を奨学金から賄うのか」

これらの割合がとても重要になります。

 

上の項目で、一人暮らしの大学生の平均月収は約17.6万円であり、そのうちの約11.2万円が平均仕送り額であると書きました。

つまり学費や家賃も含めて、一人暮らしの大学生は、平均して毎月約17.6万円をアルバイト収入と奨学金で賄わなければならないということです。

しかし、通っている大学が国公立大学か私立大学かによって必要な月収は大きく異なります。

国公立大学に通う学生と私立大学に通う学生に分けて、必要な月収額とそれを補う方法についてまとめてみました。

 

【1】仕送り無しで一人暮らしをする国公立大学の学生の場合

国公立大学

国公立大学生の必要費用

約12.5万円/月

国公立大学の場合、一人暮らしの大学生が仕送りなしで生活するためには、学費・家賃・生活費を含めて毎月平均約12.5万円ほどの費用がかかります。

つまり、毎月約12.5万円ほどの収入が必要であるということですね。

そして同時に、学費の納入日についても注意しなければいけません。

国公立大学の場合、一般的に年間約60万円ほど学費が必要ですが、前期と後期に分けてそれぞれの学費を一括で払わなければなりません。

なので仕送り無しの大学生たちは、「毎月の奨学金は貯金して学費に充て、アルバイト収入を生活費に充てる」というのが基本的な戦略になります。

そしてこの戦略に沿って、毎月必要な奨学金の額とアルバイト収入を計算すると以下のようになります。

 

月収の内訳を考えてみた

● 奨学金の貸与額:約5.0万円/月

(学費分:約60万円/年 ÷ 12カ月)

● アルバイト収入:約7.5万円/月

(家賃+生活費分:約90万円/年 ÷ 12カ月)

もちろん、必ずしも上のとおりの月収内訳にする必要はありません。

アルバイトをする時間が少ないという方は、奨学金の額を増やし、その一部を生活費に充ててもいいでしょう。

あくまで目安として、自分なりの収入内訳を考えてみてください。

 

【2】仕送り無しで一人暮らしをする私立大学の学生の場合

私立大学

私立大学生の必要費用

約18.3万円/月

私立大学の場合、一人暮らしの大学生が仕送りなしで生活するためには、学費・家賃・生活費を含めて毎月平均約18.3万円ほどの費用がかかります。

つまり、毎月約18.3万円ほどの収入が必要であるということですね。

国立大学の学生と比べると、かなりキツイことが分かります。

そして国公立大学と同様に、学費の納入日に注意する必要があります。

 

私立大学の場合では、一般的に年間平均約125万円ほど学費が必要であり、前期と後期に分けてそれぞれの学費を一括で払わなければなりません。

これは国公立大学の学費の約2倍ですね。

なので毎月の奨学金は貯金して学費に充て、アルバイト収入を生活費に充てるという基本的戦略は国公立大学の学生たちと変わりませんが、私立大学の学生は収入をより増やす必要があります。

以上の戦略に沿って、毎月必要な奨学金の額とアルバイト収入を計算すると、以下のようになります。

 

月収の内訳を考えてみた

● 奨学金の貸与額:約10.4万円/月

(学費分:約125万円/年 ÷ 12カ月)

● アルバイト収入:約8.0万円/月

(家賃+生活費分:約95万円/年 ÷ 12カ月)

学費が高い分、どうしても国公立大学の学生よりも奨学金の貸与額は大きくなってしまいます。

もちろん、アルバイトやその他からの収入が多いならば奨学金の貸与額を減らすことは可能ですが、毎月約8万円もの収入を得るのは大変です。

アルバイトを本当にがっつりする予定のある方以外は、学費を十分に賄うことが出来るだけの奨学金をもらいましょう。

ちなみに、こちら(大学の費用はどうしてる?大学進学のお金が不安な方へ14の提案)で大学進学の費用を調達する方法についてまとめています。

 

5.まとめ

大学生 お金

大学生が仕送りなしで一人暮らしをすることは、不可能ではありません。

しかし、仕送りなしで大学生活を送るためには大きな覚悟が必要です。

アルバイト収入を増やす場合、多くの「時間」をアルバイトに充てなければなりませんから、当然ですが授業やサークル活動への出席率は下がります。

そうすると自然と留年する確率も上がります。

 

また奨学金は借金であるわけですから、増やせば増やしただけ将来の経済的な負担となりますし、将来の進路を考える際に大きな壁となります。

さらに経済的な理由によって、大学の飲み会や友人たちとの旅行に参加する機会も少なくなるでしょう。

仕送りなしで大学生活を送るためには、多くの負担と苦難を乗り越える必要があるのです。

 

ですが、悲観的なことばかりではありません。

もしも、一人暮らしの大学生活を仕送りなしで乗り切ることが出来たならば、あなたの「生活力」や「生き抜く力」は必ず大きく成長するはずです。

そして、その経験から学んだ知識と知恵は一生に渡ってあなたの財産になることでしょう。

「お金が無いからこそ、頭を使うんです」

仕送りなしで一人暮らしをすることも、チャレンジだと前向きにとらえましょう。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

RYUSEI
RYUSEI
都内で一人暮らしをしながら大学生やってます。今までの大学生活を振り返りながら、大学生にシェアしたいことを気ままに書いてます。#4回生
一人暮らし
カレッジナビ|大学生のガイドブック