理系の学部選びの方法|後悔しないための6つのアドバイス

理系の学部選びの方法|後悔しないための6つのアドバイス

この記事を読むことで、「理系の学部・学科選びの具体的な方法」や「リサーチの際に気をつけるべきこと」が分かります。

「理系選択で数学ⅢCまで勉強するし、理系基礎科目も全部カバーする。でも志望学部はまだ決まっていない。」

「理系選択で大学受験が近づいているけど、まだ行きたい学部・学科が決まっていない。焦る。」

という理系受験生はたくさんいます。

「理系を選択するぐらいなのだから、『薬学を勉強したい』『ロボット工学を学びたい』とか、ある程度将来目指すものが決まっているんじゃないの?」

と思われがちですが、意外と理系の中で行きたい学部が決まっていない学生は多いものです。

学部・学科選びに迷っている理系受験生たちは、ぜひこちらの記事を参考にしてください。

スポンサーリンク

 

今の得意科目で専攻分野を決めない

こんな言葉を耳にしたことはありませんか?

  • 化学が得意だったら、生物学科へ
  • 物理が得意だったら、化学科へ
  • 数学が得意だったら、物理学科へ

これは理学部での学科選択を表した言葉です。

大学に入ると、

  • 生物学科では、より細胞レベル遺伝子レベルなどを「化学反応」で理解します。
  • 化学科では、化学反応の過程をエネルギーや電子などの「物理」の言葉を使って理解します。
  • 物理学科では、公式の解説ではなく「数学」を使って公式の導出を行うことで理解を深めます。
  • 地学科では、これら「物理・化学・生物」すべての知識が必要になります。

つまり、大学受験で得意な科目から安易に将来の専攻分野を決めると、入学後に「自分にしっくりこない!」と後悔してしまうことがあるのです。

「化学が得意!」「生物が得意!」と自信のある科目があるのは良いことですが、それはあくまでも大学受験での話です。

自分の将来を左右する学部・学科選びでは、「今の得意科目」よりも「自分の興味がある分野」を選びましょう。

 

「物理が嫌い」で専攻分野を決めない

特に、「物理が嫌い」で専攻分野を決めるのは辞めましょう。

医学部、薬学部、歯学部を狙っている受験生なら諦めて物理をしっかり勉強すると思いますが、例えば「生物関係で進学しようとする受験生はだいたい物理が嫌い」です。

しかし、大学の生物学部では基本的に物理学概論は必修ですし、農学部でも物理が必修になっている大学があります。

センター試験では物理から逃げられても、理系学部に進学すると物理から逃げられないことがよくあるのです。

物理が嫌いだからと「物理と関わりが無さそうな学部」を目指すのではなく、しっかり学部・学科についてリサーチした上で進路を決めましょう。

ちなみに、数学が得意なのではなく「大好き」なら、数学科をおすすめします。

 

学科・研究室の具体的な研究内容をしっかり把握する

それぞれの学科・研究室が具体的にどんな研究をしているのか、しっかり調べておきましょう。

これを怠ると、入学後にとんでもなく後悔してしまう可能性があります。

自分が志望する専攻分野が決まっていない段階でも、少しでも興味がある分野で

  • 「どんな先生がどんな研究をしているのか」
  • 「どんな科目(授業)があるのか」

をHPの「シラバス」や研究室紹介で調べてみましょう。

大雑把に調べるのではなく、研究内容・授業内容について詳細に調べることが重要です。

 

例えば、『遺伝子研究』に興味がある場合

たとえば、『遺伝子研究』に興味があるとしましょう。

大学で『遺伝子研究』を学びたいとなると、まず「大学 遺伝子研究」と検索しますよね。

すると、だいたい以下のように大きなカテゴリーで検索結果が表示されます。

  • 生命工学
  • バイオ
  • 国立遺伝学研究所
  • ゲノム解析研究部

これでは、具体的にどんな研究内容なのか分かりにくいですよね。

それでは、次に「〇〇大学 遺伝子研究」と検索してみましょう。

すると、以下のように「研究室名」「分野名」で検索結果が表示されるはずです。

  • 発生生物学
  • 細胞遺伝学
  • 分子遺伝学
  • 植物発生生理学

ここで、さらに研究室について一つずつ詳しく見てみると、それぞれの研究室の研究内容が分かります。

  • ホヤの研究
  • ショウジョウバエの研究
  • イネの研究

このように、具体的に『〇〇学』というカテゴリーだけに注目していると、実際の「研究内容」が自分のイメージと大きく異なっていることがあります。

大雑把にリサーチしているだけでは、このようなイメージの乖離が生まれてしまうわけです。

具体的な研究内容までしっかり把握して学部・学科選びをしておかないと、

「志望校に合格したけど、いざ進学してみると大っ嫌いなゴキブリの研究をさせられた!」

などのように予想外なことも起こりえます。

ちなみに、これは実話です。朝から晩まで、大嫌いなゴキブリの解剖をさせられた学生だっているのです。

入学後に後悔しないよう、理系の学部・学科は徹底的にリサーチしましょう。

 

授業内容の詳細はシラバスを調べよう

それぞれの大学の授業内容の詳細は、各大学のシラバス(授業計画書)で確認することができます。

近頃、ほとんどの大学が授業内容をHP上でシラバスとして公開しています。

ぜひ、「○○大学 □□学部 シラバス」で検索してみてください。

単に授業名が「生物学概説」と書いてあっても、シラバスを細かく見てみると、

  • 器官の再生メカニズム
  • 生物の大きさを決める分子メカニズム
  • 遺伝子の発現

などのように、実は授業内容がとても具体的であることが多々あります。

そして、この授業内容が自分のまったく興味がない分野だと、入学後にとても後悔してしまいます。

表向きの名称に惑わされることなく、志望校の具体的な授業内容・研究内容に注目しましょう。

 

理学部と工学部の違いをしっかり理解しておく

「理学部と工学部の違いが分からない」という受験生は、理系選択の中にも意外とたくさんいます。

そんな受験生たちのために理学部と工学部の違いを簡単に説明すると、以下のようになります。

●「何にでも応用可能な原理を研究するのが理学部」

●「それを使って新しい何かを作り上げるのが工学部」

「ものづくり」には、以下のように2段階あるということですね。

①原理を研究する(理学部イメージ)

②原理を利用して実用化・既存技術を発展させる(工学部イメージ)

どちらも密接に関わり合っているので、「片方を専攻すれば、もう片方は勉強しなくていい」というわけではありません。

しかし、「自分はどちら側をメインに携わりたいのか」と考えておくことはとても重要です。

ものづくりに興味がある方は、理学部と工学部のどちらをメインで志望するのか考えましょう。

 

【1】理学部に向いている学生

理学部には、今は決して何の役に立つかわからないものでも重箱の隅をつつくように一生懸命に研究を続け、

自分でも「何の役に立つんだろう?」と自問自答を繰り返しながら研究している学生や研究者がいっぱいいます。

しかし、理学部がとても重要な学部のひとつであることは間違いありません。

 

たとえば、電子は特殊な環境では双子で現れることがあります。

この「双子の電子」はアインシュタインが初めて提案しましたが、その性質を今に至るまで一生懸命研究していると、現在のコンピュータを越える速度のコンピュータを開発できることが分かってきました。

いわゆる「量子コンピュータ」と呼ばれるものですが、もしこのコンピュータが実用化されればものすごい技術革新が起きます。

一例を挙げると、量子コンピュータで設定されたパスワードの組合せは、文字通り「天文学的数字」に変換され、現代のコンピュータでセキュリティを突破するのは至難になるとされています。

当然、計算速度も桁違いに向上します。

このように100年以上前のアイデアが現在やっと実用化され、最先端のコンピュータが作られようとしているのです

 

「コンピューターサイエンスを学ぶなら工学部でしょ!」と考えている方は多いかも知れませんが、実は理学部の研究が、コンピューターサイエンスの分野を発展させる大元にあるというわけです。

原理が分からないと応用することはできませんし、ましてや原理を利用して開発・実用化することもできません。

そして、「技術」は日々更新されていきますが「原理」は古くなりません

原理の段階から「ものづくり」に関わりたい方は、理学部を進路として考えてみましょう。

 

【2】工学部に向いている学生とは

工学を机上で勉強しただけでは、工学部生はつとまりません。

図面を引いたり、部品加工の技術を磨くために実際に工場で実習したり、工学部には「手作業・工作」がとても重要です。

理学部でも実験、実習やフィールドワークがありますが、こちらは”誰でも出来る”実験指導書があり、それに従って実験してレポートをしっかり書けば単位はまず出ます。

しかし、工学部では

  • 「図面を引く」
  • 「部品加工する」
  • 「器用さが必要な実験」

など、決定的に手作業が関わってきます。

こういった手作業にあまり苦を感じず、むしろ楽しめる受験生には工学部が向いていると言えます。

 

例えば、工学部の建築学科に進めば、はじめは耐久計算など理論を中心に勉強しますが、学年が上がると実際に図面を引きます。

さらに、その図面を元にして紙とはさみを使い、プレゼン用の完成予想建築物(Ⅰ/20スケールなど)を工作する実習がたくさん入ります。

このような工作実習は膨大な時間を消費しますから、大学生活がとても忙しくなります。

自分の手で何かを作るのが好きなのか、それとも理論を研究するのが好きなのか、しっかり考えましょう。

 

学部・学科のイメージだけで進路を決めない

学部・学科のイメージだけで進路を決めるのは辞めましょう。

例として、「農学部には行きたくない」と考えている薬学部志望の受験生の場合を挙げます。

農学部に「農業」というイメージが強く付いていて、「畜産」「キノコを育てる」など、農学部はとにかく卒業後に農業をする人が行くところだと思っている方は意外と多いです。

しかし、このようなイメージで誤解をしていると、自分の可能性を狭めてしまう恐れがあります。

「薬学部に行きたいけど、自分の学力的に薬学部進学が厳しい」という方、そんな方々の中には農学部ととても相性が良い学生がいるんです。

 

薬学部に行きたい理由は、薬学部志望の受験生によってそれぞれ異なります。

具体的には、以下のような理由で薬学部を目指している理由を分けることができます。

  • 「薬剤師になりたいから、薬学部に行きたい」
  • 「研究者として製薬会社に勤めたいから、薬学部に行きたい」

もし、薬剤師になりたいのであれば、薬学部の方が「国家試験突破!」を目標としたカリキュラムを組んでいるのでおすすめします。

しかし、研究者として製薬会社に勤めたいのであれば、「理学部生物学科」や「農学部」でも目標を達成できる可能性が高いです。

 

農学部でも「ゲノム創薬」などに必要な基礎的な単位を取ることは可能で、「6年制の薬学部に4年次に編入学する」という迂回路の選択も視野に入れることができます。

現在、農学部はバイオテクノロジーの先端を走っています。

大学にもよりますが、理学部生物学科と農学部の明確な境界線は無くなってきていて、両学部ともにゲノムレベルの研究開発・応用が盛んです。

「薬学に関わる研究がしたいなら、薬学部に行かなきゃダメなんだ」とイメージだけで視野を狭める必要はないのです。

学部・学科のイメージだけで進路を決めるのではなく、自分の目的から逆算して学部・学科を選びましょう。

 

※ただし、農学部は環境問題とも密接に関係している学部です。

農学部4年生になると、「発生学・免疫学」といった理系テーマだけでなく、「環境経済・食糧問題」といった文系色のあるテーマや科目も増えます。

これらもとても重要なテーマですが、理系肌の学生の中には「文系チックなテーマは自分に合っていない」と感じる学生も多いと聞きます。

農学部志望の受験生は、志望校選びの際にシラバスで授業内容をしっかり確認しておきましょう。

 

受験時に理系の学部選びができない場合

どうしても志望学部を決められない受験生のために、現在では、いわゆる「学部・学科は大学に入ってから決めてね」学部があります。

どこの大学も研究機関という位置づけを持っていますから、弟子を育てるのは大学の使命です。

ですので、以前まではどの大学も学生が1年生の時から基礎を叩き込み、自前の弟子を育てて研究者にするためのシステムを主に運用してきたわけです。

 

ところが、最近は入学後に進路に迷い、「転学科させてほしい」という希望を出す学生が後を絶ちません。

そのため、こういった学生のために「入学と同時に学部・学科を決めなくてもいい」という制度を作った大学が増え始めました。

さすがに学部横断できるものは少ないですが、せめて学部内であれば、例えば「2年生になるまでに学科を決めましょう」というシステムを用意しているのです。

東大の教養学部をはじめ、京大、名古屋大、阪大、東北大と広大、北海道大、筑波大などがそのようなシステムを取っていることは有名ですね。

さらに、地方国公立大学(新潟大学新理学部、静岡大学理学部、愛媛大学理学部の一部)でも採用されはじめていますので、気になる方は探してみましょう。

 

また、多くの大学では所定の用件(転学しようとする学部学科にふさわしい基礎知識があるか、十分な動機があるか等)をクリアすれば、転学科・転学部を認めてくれるシステムを用意しています。

※埼玉大学のように、HP上ででおおっぴらに転学部学科マニュアルを公開している大学もあります。

行きたい学部・学科が明確に決まっていない時は、それぞれの大学のフォロー体制を調べた上で進路を決めるといいでしょう。

 

大学選びで迷うのも受験生の特権です。

理系だけど行きたい学部・学科が明確に決まっていないという方は、入学後に後悔しないよう、徹底的にリサーチしましょう。

2019年6月末まで!無料資料請求で1000円分の図書カードを貰おう!

2019年5月1日~6月30日まで、

「高校生・高専生限定で、大学や専門学校の資料を無料で取り寄せるだけで1000円分の図書カードが貰える」という素晴らしいキャンペーンが行われています。

とてもお得なキャンペーンですので、大学受験生の方はぜひ活用してみてください。

【おすすめ】2019年6月末まで!無料資料請求で1000円分の図書カードを貰おう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
もんでん ひでこ

某大学非常勤講師。物理学担当。最新の大学の様子をお知らせします。
バリバリの理系なのに夫と娘は文系。なので文系の皆さんの参考にもなればいいなと思います。
2浪の末に大学に行って大学院まで卒業したのに、科学館勤務を経て今や漫画家も兼業中。

もんでん ひでこをフォローする
大学選び
カレッジナビ