大学に行く意味は有る!大学生の4つのメリットを説明します

大学に行く意味

大学受験を控えた高校生や浪人生、またすでに大学に通っている大学生を含めて「大学に行く意味って何?」と悩んでしまう学生は多いです。

「高い学費と4年間という長い時間を消費してまで、大学に行くメリットは本当にあるのか」とみんな一度は悩んだことがあるのではないでしょうか。

少なくとも私は、高校時代に大学に行くメリットや意味についてずっと悩み続けました。

そして1浪しました。(笑)

 

しかし、私なりに納得できる大学に行くメリットを見出すことができたので、なんやかんやありながらも大学生活を送ることができています。

今回は、大学に行く意味を考えてもらう上で参考にしてほしい大学に通うことで得られる4つのメリットをメインにして思うことを書いてみました。

大学生活をエンジョイしている中で「このままでいいのだろうか」とふと考えてしまった大学生や、大学へ進学しようか悩んでいる方たちはぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

 

 

大学に通うのは義務じゃない

大学生は義務じゃない

大学に行く意味を考えていただく上で、まず最初に言っておきたい私の意見を伝えておきます。

それは、必ずしも大学に行く必要はないということです。

 

この記事を読んでいる方々の大半は、

「大学に行く意味をあまり感じていないけれど、周りの意見や将来のことを考えるとやっぱり大学を卒業した方がいいんだろうか」

と悩んでいる学生のはずです。

 

近年、

「日本の学歴社会の終わり」

「今後は学歴よりも各個人のスキルが重要になる」

という意見がそこかしこで聞かれます。

たしかに、大学や学歴の価値というものは昔ほど高くはなくなっているのかもしれません。

 

しかし、それでも「せめて大学までは卒業するべき」という意見を耳にする機会は多いですよね。

受験生や現役の大学生たちにとっては聞き飽きた言葉だと思います。

大学進学肯定派と否定派のさまざまな意見があふれかえっているので、大学に行く意味について悩んでしまうのです。

 

大学に行く意味を考えることは大きな意味がある

大学に行く意味を考える

まず、大学に行く意味について考えている時点ですばらしいと私は思います。

大学に行く意味について考えている学生は意外と多くありません。

大学には、「周りの雰囲気や親の意見に従って、なんとなく大学に通っている」という学生が本当にたくさんいます。

別に悪いことではないんですけどね。

 

そして大学に通って周りの学生たちを見ているとよく分かりますが、

「周囲に流されるままに大学に進学した学生」と、

「大学に進学する必要性について考えた学生」

との間には大きな差があります。

それは自分の将来に対する危機感の差です。

 

この将来のキャリアへの危機感を持っているか否かで、大学4年間の過ごし方は本当に全く異なったものになります。

やはり将来への危機感を持っていない学生は大学生活を無為に過ごしがちですし、

将来への危機感を持っている学生たちの多くは、どんどん将来へ向けて積極的に行動しています。

 

そして大学に行く意味を考えている時点で、あなたは将来への危機感を持っていることは確かです。

自分が高い学費を払ってまで大学に行く意味・大学で得られるものについて存分に考えてみてください。

 

大学に行く意味は人によって違います

大学に行く意味は人によって違います

ここで話を戻しますが、

まず言っておきたいのは「大学に行く意味は、あなた自身が見つけるしかない」ということです。

これはとても重要なことです。

 

大学に自主的に通う意志が無くては、大学で学べることは正直多くありません。

大学に行く意味を感じていないのであれば、大学はただ授業に出席して単位を取り卒業するだけの場になるでしょう。

 

そもそも他人に無理やり大学に行かされたとして、モチベーションを高く維持したまま大学に通うのは難しいです。

少なくとも、私は無理です。

結局、大学に行く意味は最終的に自分で見出すしかないですし、ほかの学生の求めるものとあなたの求めるものが同じであるとも限りません。

 

一応、大学に行く理由について例を出すと以下のようなものが挙げられます。

 

大学に行く理由 (例)

●就職したい企業が大卒採用に力を入れている

●資格取得のために大学に行く必要がある

●大学で専門的に研究したいモノがある

●大学生の方がモテそう(勝手なイメージ)

●大学の部活動で全国を狙う

 

これらの他にも、大学に通う理由は学生によって本当に千差万別です。

極論、大学に進学する理由はどんなものでもいいのです。

たとえそれが他人に笑われるものであってもです。

 

大切なのは、あなた自身が大学に行く必要を感じ、大学に行く意味を見いだせるか否かです。

ですからこの記事でお伝えするのは、あくまでも大学に通うことで得られる主なメリットについてです。

大学に通うことで得られる4つのメリットを参考にして、大学に通うか否かをあなた自身が考えてみてください。

 

大学に通う4つのメリット

大学生のメリット
大学に行くメリット

1.大学生という肩書きを利用できる

2.自由な時間が手に入る(モラトリアム)

3.能力の証明と社会的信用が手に入る

4.就職活動での新卒採用を狙える

ここでは大学に進学することで得られる、主なメリットを4つ紹介します。

あなたが大学に行く意味を考えるうえで、参考にしてみてください。

 

1.大学生という肩書きを利用できる

大学生 意味2

大学生でしか得られない経験はたくさんあります。

たとえば、以下のようなものです。

●全く興味がない分野の授業を受けてみる

●ゼミに入って死ぬほど研究に没頭する

●サークル活動や部活動に熱中する

●大学生として留学する

 

日常生活において、興味がないモノに自ら関わろうなんて普通は思いません。

なので、自分が知らないモノを知る機会というのはそうそう無いのです。

しかし、大学ではさまざまな分野についての講義があります。

一度出席してしまえば、自分すら知らなかった興味のあるモノを発見できるかもしれません。

 

また、ゼミに入って教授やゼミ生たちとともに研究をするのも貴重な経験です。

教授は研究のプロですから、研究テーマの知識だけでなく物事を研究するプロセスも間近で学ぶことができます。

教授にアドバイスをもらいながら研究する機会は、就職してからでは得難いものです。

その他にも、サークルや部活動、海外大学留学など大学生ならではの経験をすることができます。

 

現役大学生で「大学で得られるものなんて無い」と考えている方もいると思いますが、「大学生」という立場を利用できる経験はないかもう一度考えてみてください。

どんな活動をするにしても、大学生の肩書きはいろいろと便利です。

「業界研究をしたいからインターンをさせて欲しい」と企業にお願いする場合でも、フリーターと大学生では扱いがぜんぜん違います。

大学生という肩書きをどんどん利用しましょう。

 

そして大学進学を考えている高校生や浪人生の方は、大学生として経験したいことについて考えてみてください。

大学ごとにさまざまな特色があり、立地や偏差値によって集まる学生の質にも特徴があります。

たくさんの大学を探せば、きっと少しは惹かれる大学があるはずです。

ほんとうに些細なことでもいいですから、大学に興味を持つきっかけを探してみましょう。

 

2.自由な時間が手に入る(モラトリアム)

大学生 自由

大学生には4年間の自由な時間が与えられます。

当然授業を受けて単位を取得しなければなりませんが、高校生と比べると自由な時間はとても多いです。

 

仕事で責任を背負ったり残業をすることもなければ、平日に一日中学校に拘束されるわけでもない。

まさに大学生は自由な身分です。

そして、この膨大な自由時間を一体何に費やすのか。

ここが本当に重要です。

 

大学生活の過ごし方に差を作り出すのが、先ほどでも挙げた「危機感」です。

「自分はどんな道で生きていくのか」、「人生を通してやりたいことは何か」などの将来への危機感を感じている学生は自然と積極的に行動します。

しかし、成り行きまかせで流されて大学に入った学生の中には卒業後のことを深く考えていない学生も多いのです。

 

高校を卒業していきなり就職することに対して危機感を抱いている方は、社会に出る猶予期間(モラトリアム期間)を手に入れるために大学生になってもいいのです。

また、やりたいことがあるのならば自由な4年間を手に入れるために大学生の身分を隠れ蓑として利用してもいいのです。

 

私の場合、とにかく地元の岡山県から東京に出てみたかったので上京して大学生になりました。

高校卒業後に上京して仕事を探すという手も考えましたが、やはり普通科高校を卒業した地方のフリーターが何のスキルもないまま仕事探しをするとなると、本当に厳しい現実がありました。

ですから、結局一年浪人した末に大学生として上京したわけです。

 

そして大学生を経験して思うのは、大学に行っておいて本当によかったなということです。

インターンやアルバイトを通してさまざまな業界で自由に働けますし、大学生は扱いがかなり優遇されていると感じます。

4年間という自由な時間を無駄にしないというのであれば、大学生活を経験してみると良いと思います。

 

3.能力の証明と社会的信用が手に入る

大学生 信頼

大学を卒業するということは、それだけで自らの能力の証明になります。

また、「大卒」というだけである程度の社会的信用も得ることができます。

いかに社会で「大卒は会社で使えない」という声が聞こえても、まだまだ大卒(学歴)は強いパワーを秘めているのです。

 

一般的に、他人に自分のことを信用してもらうのは大変です。

特に、初対面の人に自分の能力を知ってもらって信用を得るのは難しいのです。

当たり前ですよね。

初対面の相手からすれば、あなたはどんなことが出来る人なのか全く分からない「謎の人」なわけですから。

 

しかし、こういう場面でも学歴は役立ちます。

学歴は持っているだけである程度の能力の証明になりますし、初対面の相手でもある程度の信用を得ることにつながるのです。

これは非常に大きいです。

 

もちろん学歴以外にも、自身の能力を評価してもらって信用を得る手段はあります。

ある程度の専門的なスキルや「資格」を持っている方ならば、そのスキルを評価できる相手からはしっかり信用されるでしょう。

しかし、ここに落とし穴があります。

 

専門的なスキルは、たいていそのスキルに精通した方にしか理解されないのです。

例えば、どんなに腕の良いプログラマーが作成したアプリであっても、プログラミングに詳しくない方が見ればそのアプリを開発した相手が本当に腕が良いのかどうかは理解できないのです。

 

ですが一方で、「学歴」は世間で評価されやすい証明書です。

とくに世間的に名前が知られている大学の学歴を持っていれば、たいていの人にその学歴を評価してもらうことが出来るでしょう。

仕事上だけでなく、日常生活においても学歴は自身の能力を最低限保証してくれる分かりやすい証明書なのです。

 

4.就職活動での新卒採用を狙える

大学生 新卒

日本の大手企業には、企業の将来の中心メンバーを育てるための新卒一括採用の文化があります。

なぜ新卒採用が行われるのか疑問に思う方もいるでしょう。

それは、新卒社員は企業文化の継承を行いやすいからです。

 

ちまたで流行っている「即戦力」という言葉がありますが、すぐに役に立つほどのスキルを持っている中途採用の人材は当然スキルを磨いてきた場所(企業)があるはずです。

つまり、中途採用の人材は他企業の企業文化を経験しているということですね。

ですから、もしかすると中途採用の人材は自社の企業文化と合わないかもしれませんし、その結果として別の企業に転職してしまうかもしれません。

 

しかし、新卒社員であれば一からスキルを磨かせて育てることが出来ますし、他企業の文化が入っていないですから自社の企業文化を継承させることが比較的容易です。

それに、最初に入社した企業に対する強い帰属意識から新卒社員は簡単に辞めることはないだろうと思われているんです。

 

そしてあまり言いたくはありませんが、大手企業では大卒採用者とそれ以外の採用者では待遇に大きな差が出ることが多いです。

具体的な話をすると、「大手企業では大卒資格を持っていないと総合職につきにくい」などが挙げられます。

日本で就職する上でどうしても付いて回るこの現実が、私が大学進学を選んだもっとも大きな理由です。

 

大手企業に対しては、「大卒」カードはまだまだ効果があるのが現状です。

大手企業に総合職で就職したいのならば中小企業から叩き上げで大手企業への中途採用を狙うか、大学を卒業してから新卒採用を狙うかのほぼ2択になると思います。

そしてどちらの方がカンタンで可能性が高いかを考えてみると、今の日本では明らかに後者なんですよね。

 

高校生・浪人生の方へ

大学 選び

私が考える大学の主なメリットは以上です。

こちらの記事で具体的な大学の選び方について書いてみましたので、大学選びに迷っている方は参考にしてみてください。

参考:大学の選び方が分からないという高校生のために、大学選択の5つの基本を語ります

 

また、「大学進学のお金が心配で大学に行く気になれない」という方も多いと思います。

私もお金を無駄にするのが嫌で大学進学を諦めていた時期がありますから、気持ちはとてもよく分かります。

大学進学に必要なお金について不安な方は、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。

参考:大学の費用はどうしてる?進学のお金が不安な方への14の提案

 

大学生の方へ

大学生の方へ

大学に行く意味を考えてもらううえで、大学のメリットを4つ紹介しました。

しかし、それでも大学に通う意味を見いだせないという大学生もたくさんいるはずです。

そんな方々は、自分が大学進学を志した理由を思い出してみてください。

 

どうしてその大学を選んだのか

「どうして自分が通う大学を選んだのか」

多くの方は、高校生のときに先生や両親らとともに進路相談を行っているはずです。

そして何かしらの目的・目標があって、現在あなたが在籍している大学をあなた自身が選んだはずです。

 

「いやいや、人に勧められて大学や学部を選んだんだ。」という方もいるかもしれません。

しかし、先生に勧められていようが親に勧められていようが、大学選びについて最終的に決定を下したのはあなた自身なのです。

そして、現在あなたが通っている大学をあなた自身が選んだ際、何かしらの理由・目的があったはずです。

 

それは夢を叶えるためだったり、就職に有利だからだったり、単に狙える大学で一番偏差値高かったからだったり、人によってさまざまでしょう。

しかし、決定的な何かがあったはずです。

まずは、あなたが現在在籍している大学を選んだ理由を思い出してみてください。

 

今も明確な目的・目標を持っているか

大学に来た目的、大学を選んだ理由を少し思い出せたら、現在もその目的を心に持ち続けられているか考えてみましょう。

人が何かをする際、明確な根拠や目的の有る無しはモチベーションに大きな影響を及ぼします。

大学の授業を受けることに対してやる気に満ちているなら、たとえ「来るな」と言われても行きたくなるはずです。

 

もしも大学に行く明確な目的が有るのであれば、面倒くさくても行くべきです。

しかし大学に在籍する理由を失っていたり、それが変わってしまっているならば、自分が大学に行く意味について改めて考えてみましょう。

そして今現在「大学を辞めたい」と考えているのでしたら、こちらの記事を参考にしてみてください。

参考:大学を辞めたい!と悩んでいる大学生が考えるべき3つのこと

 

まとめ

繰り返しになりますが、重要なのは大学に行くか否かではありません。

本当に重要なのは、あなた自身が大学に行く意味を見いだせるか否かです。

あなたが大学に行く必要性を感じるのであれば、大学生としての生活をエンジョイすればいいのです。

しかし大学に行く必要性を感じず行かなくても後悔しない自信があるならば、大学に無理をして通う必要はないのです。

 

一応、私はよほど経済的に困窮していない限り大学に行くべきだと思っています。

たしかに大学の学費は高いですが、私は奨学金で学費をすべてまかなったことを後悔したことはありません。

大卒であることで得られるだろう将来のリターンを考えると良い選択をしたなと感じています。

でも実際、この意見に否定的な方がいるのも事実です。(笑)

 

大学に通うべきか、はたまた高校卒業後にすぐ社会の荒波に飛び込むか。

結局、大学に行く意味については自分自身で考えて納得するしかないと思います。

できるだけ後悔が少ない道を選べるといいですよね。

スポンサーリンク

AUTHOR著者

管理人

都内で一人暮らしをしながら大学生やってます。今までの大学生活を振り返りながら、大学生にシェアしたいことを気ままに書いてます。 #気が付いたら4回生